ステルスマルウェア対策ソリューションセミナー

IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > アンチウイルス > アンチウイルスのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 近畿 > 大阪府 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2013/01/17

ステルスマルウェア対策ソリューションセミナー


マカフィー


ステルスマルウェア対策ソリューションセミナーのセミナー概要 ステルスマルウェア対策ソリューションセミナーの申込み



開催日時

2013年2月13日(水) 15:30〜17:00|申込み締切 2013年2月11日(月)
会  場 マカフィー株式会社 西日本支店 セミナールーム
大阪府大阪市北区堂島2丁目2-2 近鉄堂島ビル 18F

地図はこちら
参加費

無料
定 員

30名
こんな方にオススメ

システムの設計・運用

会員限定で「ステルスマルウェア対策ソリューションセミナー」の続きが読めます

ステルスマルウェア対策ソリューションセミナー」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「ステルスマルウェア対策ソリューションセミナー」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「アンチウイルス」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「アンチウイルス」関連情報をランダムに表示しています。

「アンチウイルス」関連の製品

次世代マルウェア対策「CylancePROTECT」 【日立ソリューションズ】 マルチエンジン型ウイルス対策ソフトウェア 「Metascan」 【ネクスト・イット】 攻撃者の行動に着眼したマルウェア対策とは? 【富士通】
アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス
AI技術を利用した、パターンファイルを必要としないマルウェア対策。未知/既知を問わず、マルウェアが実行される前にエンドポイント上で検知・防御する。 最大30種類のウイルススキャンエンジンを動作させ、マルウェアの検出率を最大限に高めたウイルス対策ソリューション。インターネット接続ができない閉環境でも使用が可能。 「発見」重視の対策はもはや限界。攻撃者の行動に着眼したマルウェア対策とは?

「アンチウイルス」関連の特集


一度攻撃を許すと組織に多大な情報漏えい被害をもたらす標的型攻撃。ここ数年で大きな被害が報道されること…



 2009年に入って感染被害報告数が増加している不正プログラムの中で、前回は「WORM_DOWNAD…



パターンマッチングでは防げない最新型の脅威にどう対抗すればよいのか。検出率にみるアンチウイルスの比較…


「アンチウイルス」関連のセミナー

ハンズオンで学ぶ!未知の脅威対策 【エムオーテックス】  

開催日 4月13日(木),5月18日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

機械学習の活用で未知の脅威を検知し、セキュリティ強化を実現する「プロテクトキャット Powered by Cylance」をハンズオン形式で体験できるセミナーで…

ハンズオンで学ぶ!未知の脅威対策 【エムオーテックス】  

開催日 4月20日(木),5月25日(木)   開催地 大阪府   参加費 無料

機械学習の活用で未知の脅威を検知し、セキュリティ強化を実現する「プロテクトキャット Powered by Cylance」をハンズオン形式で体験できるセミナーで…

ハンズオンで学ぶ!未知の脅威対策 【エムオーテックス】  

開催日 4月21日(金),5月26日(金)   開催地 愛知県   参加費 無料

機械学習の活用で未知の脅威を検知し、セキュリティ強化を実現する「プロテクトキャット Powered by Cylance」をハンズオン形式で体験できるセミナーで…

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

ステルスマルウェア対策ソリューションセミナー」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「ステルスマルウェア対策ソリューションセミナー」の記事の続きがお読みいただけます。


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50046867


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > アンチウイルス > アンチウイルスのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ