IT・IT製品TOP > 開発 > その他開発関連 > その他開発関連のITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2012/11/27

停滞するSIビジネスからの脱却


主催:野村総合研究所/協賛:日本アイ・ビー・エム


停滞するSIビジネスからの脱却 のセミナー概要 停滞するSIビジネスからの脱却 の申込み



開催日時

2012年12月11日(火) 14:30〜17:10|申込み締切 2012年12月10日(月)
会  場 野村総合研究所 丸の内総合センター8F 丸の内北口ビル(本社)
東京都千代田区丸の内1-6-5 丸の内北口ビル
JR東京駅 丸の内北口より徒歩2分
地下鉄東西線 大手町駅 徒歩2分
地下鉄丸の内線 東京駅 徒歩3分
※地下鉄の出口:B4出口またはB2c出口

地図はこちら
参加費

無料
定 員

20名
こんな方にオススメ

システムの設計・運用 |情報システム部の統括|その他

会員限定で「停滞するSIビジネスからの脱却 」の続きが読めます

停滞するSIビジネスからの脱却 」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「停滞するSIビジネスからの脱却 」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「その他開発関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他開発関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他開発関連」関連の製品

Webアプリ作成ツール Forguncy 【グレープシティ】 インバウンドに最適ソリューション!観光ルート提案サービス 【駅探】 メインフレームマイグレーションサービス 【NDIソリューションズ】
その他開発関連 その他開発関連 その他開発関連
Excel感覚で手軽にWebアプリケーションを作成できる、ノンプログラミング開発支援ツール。作成後は既存システムとの連携も容易に実現できる。 訪日外国人の観光ニーズを満たす「観光ルートサービス」でビジネス商機をつかむ 既存の業務プログラムを低コスト運用が可能なIBM i 環境に移行するサービス。現有プログラム資産の有効活用を支援しつつ、レガシーシステムへ先進の機能を付加できる。

「その他開発関連」関連の特集


ニューロンをアナログ回路で再現する研究から生まれたカオスコンピュータ!デジタルコンピュータを超える衝…



 スマートフォンに代表されるモバイル端末の普及や、ビッグデータの解析技術の発達などによって的確にユー…



営業実績管理をExcelのマクロで行ってきた「ムヒ」で知られる池田模範堂は、業務に全く支障をきたすこ…


「その他開発関連」関連のセミナー

実践!ソースコードのバグ検出とUIテスト自動化セミナー 【テクマトリックス】 締切間近 

開催日 1月26日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

近年のアプリケーション開発では、ますます短納期での開発が求められており、 それを実現する手段として、「自動化」を取り入れたい、といったニーズやお声 が多くなって…

クラウドを活用したベトナム・オフショア開発の紹介セミナー 【サテライトオフィス】  

開催日 2月21日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

オフショア(ベトナム)を利用したシステム開発の事例や方法をわかりやすくご紹介します! ・既存システムのリプレイスを、オフショアメンバーを利用して再構築!・既存シ…

ジェイテック IOTハンズオンセミナー 【ジェイテック】  

開催日 2月18日(土)   開催地 東京都   参加費 有料 1万円(税込)

◆IOT入門セミナーWiFi機能を内蔵した、Arduino互換開発が行えるESP8266を使用してIOT体験を行えるハンズオンセミナーを実施します。【こんな方は…

「開発」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

停滞するSIビジネスからの脱却 」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「停滞するSIビジネスからの脱却 」の記事の続きがお読みいただけます。


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50046348


IT・IT製品TOP > 開発 > その他開発関連 > その他開発関連のITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ