社会福祉法人のお客様向け「新会計基準対応・業務効率化セミナ」

IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 人事管理システム > 人事管理システムのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2012/11/27

社会福祉法人のお客様向け「新会計基準対応・業務効率化セミナ」


NECネクサソリューションズ/日本電気/応研


社会福祉法人のお客様向け「新会計基準対応・業務効率化セミナ」のセミナー概要 社会福祉法人のお客様向け「新会計基準対応・業務効率化セミナ」の申込み



開催日時

2012年12月11日(火) 14:00〜16:00|申込み締切 2012年12月10日(月)
会  場 Walk In Solution Center 東京
東京都港区三田1-4-28(三田国際ビル1階)

地図はこちら
参加費

無料
定 員

60名
こんな方にオススメ

情報システム部の統括 |経営者CIO|システムの設計・運用

会員限定で「社会福祉法人のお客様向け「新会計基準対応・業務効率化セミナ」」の続きが読めます

社会福祉法人のお客様向け「新会計基準対応・業務効率化セミナ」」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「社会福祉法人のお客様向け「新会計基準対応・業務効率化セミナ」」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「人事管理システム」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「人事管理システム」関連情報をランダムに表示しています。

「人事管理システム」関連の製品

タワーレコードなど4社に学ぶ人事給与システム刷新のポイント 【SCSK】 STAFFBRAIN(人事給与、勤怠管理、ワークフロー) 【電通国際情報サービス】 人材育成・総合スキル管理ツール ESI (Enterprise Skills Inventory) 【ワン・オー・ワン】
人事管理システム 人事管理システム 人事管理システム
タワーレコードなど4社に学ぶ人事給与システム刷新のポイント 1000社の導入実績を持つ統合人事パッケージ。
ユーザニーズに応える柔軟性・拡張性で、ノンカスタマイズ導入が可能。
社員ごとに、ビジネス戦略に沿った人材育成プログラムが作成できるなど、豊富な機能が実装された総合スキル管理システム。厚生労働省が推奨する職業能力評価基準に対応。

「人事管理システム」関連の特集


●『タレント管理で計画人事を実現/事例・後編』タレントマネジメントをすでに自社の人材マネジメントの中…



自社が求める人材像は? 相性がいいタイプはどんな人?――大手しか使えないような最新の組織論やAI技術…



グローバル時代に日本企業に求められる人事戦略とは?個人の才能を上手にマネジメントし、個性の高い精鋭部…


「人事管理システム」関連のセミナー

【人事ソリューションセミナー】これからの人事データ活用方法 【主催:オージス総研/協賛:さくら情報システム/JOE】 締切間近 

開催日 2月22日(木)   開催地 大阪府   参加費 無料

【こんなお悩みをお持ちではないですか?】 ・目を掛けていた優秀な後輩が知らない間に辞めていた. . . ・最近、若手/中堅の離職が目立つが、離職要因がわからない…

人財育成によるパフォーマンス向上と人事業務のOCR・RPA活用 【主催:NTTデータビジネスシステムズ/共催:電通国際情報サービス】  

開催日 2月27日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

働き方改革が推進される中、 「多様な働き方」、「労働時間の短縮」、「人財管理・育成」からの「生産性向上」、などをテーマに各企業にて取組みが始まりつつある一方、実…

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

社会福祉法人のお客様向け「新会計基準対応・業務効率化セミナ」」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「社会福祉法人のお客様向け「新会計基準対応・業務効率化セミナ」」の記事の続きがお読みいただけます。



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50046335


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 人事管理システム > 人事管理システムのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ