IT・IT製品TOP > 開発 > 開発ツール > 開発ツールのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 近畿 > 京都府 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2012/11/10

エンタープライズアジャイル2012


オージス総研


エンタープライズアジャイル2012のセミナー概要 エンタープライズアジャイル2012のプログラム エンタープライズアジャイル2012の申込み



開催日時

2012年11月29日(木) 14:00〜18:30|申込み締切 2012年11月27日(火)
会  場 メルパルク京都
京都府京都市下京区東洞院通七条下ル東塩小路町676番13
JR京都駅より徒歩1分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

70名
こんな方にオススメ

情報システム部の統括 |経営者CIO|ネットワークの設計・運用

会員限定で「エンタープライズアジャイル2012」の続きが読めます

エンタープライズアジャイル2012」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「エンタープライズアジャイル2012」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「開発ツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「開発ツール」関連情報をランダムに表示しています。

「開発ツール」関連の製品

Web Performer 【キヤノンITソリューションズ】 業務システム開発の部品組み立て型開発基盤 「楽々Framework3」 【住友電工情報システム】 定型業務を“最低でも50%”削減、インフラ運用の働き方改革はどこまで可能か 【株式会社アシスト】
開発ツール 開発ツール 開発ツール
ノンプログラミングでJavaのWeb アプリを100%自動生成する、マルチブラウザ対応超高速開発ツール。コーディングの自動化とそれによる品質の均一化により開発期間短縮可能 データ中心設計(DOA)による徹底した標準化により、開発、保守工程の生産性向上を支援する部品組み立て型の開発基盤。小規模開発から大規模基幹システムまで幅広く対応。 定型業務を“最低でも50%”削減、インフラ運用の働き方改革はどこまで可能か

「開発ツール」関連の特集


UML準拠は当たり前、今やBPMNやSysMLなどの周辺規格サポート状況が大きなウエイトを占めるよう…



 金型をはじめ自動車などの製造現場で使われる研磨用の砥石やバリ取り用の工具を製造販売するジーベックテ…



一時期の過熱したブームが過ぎ去ったUMLツール。喧騒の後、どんな進化を遂げてきたのか。今、その実力を…


「開発ツール」関連のセミナー

SI限定: Liferay開発の「再利用」で広がる新ビジネス獲得法 【日本ライフレイ】 締切間近 

開催日 2月23日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

ガートナーによるDXP対象の2018年最新レポートにて、Adobe社やIBM社と並んで「リーダー」の評価を受けたLiferay DXP。企業内ポータル(EIP)…

その方法で大丈夫?今さら聞けないWindows 10ソフトウェア開発 【エンバカデロ・テクノロジーズ】 締切間近 

開催日 2月27日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

Windows 10向けに最適化されたアプリケーション開発を実践していますか?Windows 10がリリースされて1年以上が経過し、「Windows 10対応」…

“Excelでどこまでできるか”「StiLL」体験セミナー 【アイエルアイ総合研究所】  

開催日 1月16日(火),2月6日(火),2月20日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

Excelプラットフォームプログラム開発ツール『StiLL』のプログラム作成体験セミナーです。システム化ソリューション実現を “Excelと開発ツール「StiL…

「開発」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

エンタープライズアジャイル2012」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「エンタープライズアジャイル2012」の記事の続きがお読みいただけます。



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50046103


IT・IT製品TOP > 開発 > 開発ツール > 開発ツールのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ