世界に通じるセキュリティ 〜海外からの攻撃に備えよ〜

IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > その他エンドポイントセキュリティ関連 > その他エンドポイントセキュリティ関連のITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2012/11/02

世界に通じるセキュリティ 〜海外からの攻撃に備えよ〜


主催:マクニカネットワークス/マクニカソリューションズ


世界に通じるセキュリティ 〜海外からの攻撃に備えよ〜のセミナー概要 世界に通じるセキュリティ 〜海外からの攻撃に備えよ〜のプログラム 世界に通じるセキュリティ 〜海外からの攻撃に備えよ〜の申込み



開催日時

2012年11月29日(木) 13:30〜17:30|申込み締切 2012年11月28日(水)
会  場 大手町ファーストスクエア カンファレンス
東京都千代田区大手町1-5-1 ファーストスクエア イーストタワー2F
地下鉄 大手町駅C8/C11/C12出口直結、JR東京駅 丸の内北口より徒歩4分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

200名
こんな方にオススメ

ネットワークの設計・運用 |システムの設計・運用|情報システム部の統括


セミナー概要

いまやインターネット空間は、陸・海・空・宇宙に次ぐ”第五の戦場”と呼ばれ、
北米・欧州をはじめとする情報セキュリティ先進国においては、国の最重要課題としてサイバー攻撃対策に取り組んでいます。
日本企業もまた、国境を超えて標的を定めるサイバー攻撃への対策を講じる必要があります。

遠隔操作によるPCの乗っ取り。会社の機密情報漏洩。サービス停止。
多くの企業はこれらの被害から自社を守るため、何らかの対策をとっているはずです。
しかし、その対策は本当に有効に機能しているでしょうか?

国境に関係なくやってくる海外からのサイバー攻撃に立ち向かうには、実際に世界規模で行われている攻撃の手法や被害状況に
ついて学び、企業に合わせた対策を選定することが重要となります。

本セミナーでは、日々刻々と進化・多様化するサイバー攻撃の最新動向について詳しくご紹介します。
そして、これらを迎え撃つために必要な、効果的かつ可用性の高い各種ソリューションをデモ実演とともにご紹介し、
企業のセキュリティ対策の核心に迫ります。


《デモコーナーへも是非ご来場下さい!》
・『なりすまし』による攻撃からの防御法を実演
・DDoS攻撃の検知を動画でご紹介



協賛:Imperva Japan / 日本ラドウェア / ファイア・アイ (日本法人50音順)



 ※プログラム内容は変更になる場合がございます。
   最新の情報に関しましては弊社HPにてご確認下さい。
  

-----------------------------------------------------------------------
◆◇対象◇◆

・情報システムの開発や運用に関連するお客様
 (特に製造、金融、官公庁、通信事業、学校・教育機関など)
・上記ご担当のパートナー様(SIerの方)

※競合製品をお取り扱いされている方には、参加をお断りさせていただく場合が
 ございます。

-----------------------------------------------------------------------


詳しくはこちらをご覧下さい。

このページの先頭へ


プログラム

【基調講演】グローバルレベルでの標的型攻撃に立ち向かうために求められるセキュリティ対策とは

国内外のサイバー攻撃ではハッカーはどのように攻撃をしかけてきたのか。
企業に求めれられるセキュリティ対策とは。

標的型攻撃事例を通じて学ぶことは多くあります。

その中でも遠隔操作ウイルスやDDoS攻撃の具体的な手口と事例、またStuxnetへの誤解と真に学ぶべきことなどを織り交ぜて多くの方が陥りやすい誤ったセキュリティ対策を指摘し、実際の解析結果やインシデント対応から分かる真に重要かつ有効なセキュリティ対策をご説明いただきます。
講師 福森 大喜氏
株式会社サイバーディフェンス研究所
情報分析部 上級分析官

ハクティビスト攻撃をはじめとする最新のWebアプリケーション攻撃手法の徹底解剖

「ハクティビスト」と呼ばれるハッカー集団による、日本の官公庁・教育機関などを狙ったサイバー攻撃は記憶に新しく、今やウェブサイトへの脅威は、対岸の火事とは言えぬモノとなっています。本セッションではImperva社の研究機関であるApplication Defense Center (ADC) が補足した、Webアプリケーション攻撃の手口とその有効な対処法を、最新のホワイトペーパーによる情報を基にデモを交えながらご紹介いたします。
講師 桜井 勇亮氏
株式会社Imperva Japan
Japan Technical Director Principal Security Architect

世界標準の標的型攻撃対策! 〜入れない・出さない・見逃さない〜

大手の製造業や政府系機関を狙った標的型攻撃によって、重要情報を窃取される例があとを絶ちません。拡大し続ける標的型攻撃の脅威に対しては、感染から外部への情報流出に至るまでの一連の流れを把握して迅速に対処することで、被害を最小限に留めることが重要です。本セッションでは、独自の技術を駆使し世界中の官公庁・有数企業に導入されているFireEyeの標的型攻撃対策ソリューションを事例を交えてご紹介いたします。
講師 高橋 悠介
マクニカネットワークス株式会社

DDoS攻撃の実態を暴け!〜サービス停止を回避せよ〜

いまやDDoS攻撃は、攻撃者の思想・信念に基づく抗議目的、金銭的な営利目的など、その目的達成の戦略的な手段の1つとしてサイバー攻撃で利用されています。ますます巧妙化・大規模化するDDoS攻撃の脅威から企業・組織はいかにサービスを守ればよいのか。本セッションでは、最新の攻撃事例からの傾向分析を踏まえ、その具体的な対処策の1つとしてDoS対策専用ソリューションのDefenseProをご紹介いたします。
講師 関口 雄志
マクニカネットワークス株式会社

データベースこそターゲット!〜情報漏えいを許すな〜

ひとたび情報漏洩事故が起きてしまうと、企業に甚大な被害をもたらすデータベース。

しかし、セキュリティ対策を施すことにより安定稼働が重視されているデータベースに負荷がかかり、システムダウンを起こすというリスクもはらんでいます。

このような理由で多くの企業が対策を施すことに慎重にならざるを得ません。

本講演ではデータベースに負荷をかけず、可用性を考慮した上で実現できるセキュリティ対策と、その実装における具体的なステップをご紹介します。
講師 有川 博史
マクニカソリューションズ株式会社

このページの先頭へ


申込み


このセミナーはすでに終了しています。



掲載企業


マクニカネットワークス株式会社
住 所 : 神奈川県横浜市港北区新横浜1-5-5
TEL : 045-476-2010
e-mail : imperva-info@cs.macnica.net
URL : http://www.macnica.net/


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50045935


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > その他エンドポイントセキュリティ関連 > その他エンドポイントセキュリティ関連のITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ