IT・IT製品TOP > 運用管理 > 統合運用管理 > 統合運用管理のITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 近畿 > 大阪府 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2012/10/29

運用改善事例セミナー


野村総合研究所


運用改善事例セミナーのセミナー概要 運用改善事例セミナーのプログラム 運用改善事例セミナーの申込み



開催日時

2012年12月5日(水) 14:30〜17:30|申込み締切 2012年12月4日(火)
会  場 TKP大阪淀屋橋カンファレンスセンター
大阪府大阪市北区中之島2-2-2 大阪中之島ビルB1F(旧ニチメンビル)
・地下鉄 御堂筋線 淀屋橋駅より徒歩3分
・地下鉄 四つ橋線 肥後橋駅より徒歩3分
・京阪中之島線 大江橋駅より徒歩20秒

地図はこちら
参加費

無料
定 員

50名
こんな方にオススメ

情報システム部の統括 |システムの設計・運用|経営者CIO

会員限定で「運用改善事例セミナー」の続きが読めます

運用改善事例セミナー」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「運用改善事例セミナー」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「統合運用管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「統合運用管理」関連情報をランダムに表示しています。

「統合運用管理」関連の製品

ダウンタイム要因はストレージとは限らない、可用性向上の鍵は機械学習にあり 【日本ヒューレット・パッカード】 技術者不足でも運用を効率化、事前対策的トラブルシューティングの手法とは? 【日本ヒューレット・パッカード】 IT部門を早く・安く・手軽に改革、ITサービス管理ツールで業務はどう変わる? 【クレオ】
統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理
ダウンタイム要因はストレージとは限らない、可用性向上の鍵は機械学習にあり 技術者不足でも運用を効率化、事前対策的トラブルシューティングの手法とは? 非効率なサポートデスク業務…… IT部門を「手軽にテコ入れ」する方法

「統合運用管理」関連の特集


システム運用管理の人材が不足する一方、既存の運用管理者には複雑な環境の統合管理が求められる。会員読者…



1310億円規模と見込まれる2014年度の国内統合運用管理ツール市場。早期からオープン化に対応し、シ…



クラウドファーストが浸透し導入が進む中で直面する運用管理の問題。オンプレミスとクラウドの混在環境で異…


「統合運用管理」関連のセミナー

ITサービスマネジメントプラクティショナ研修 【IT&ストラテジーコンサルティング】  

開催日 4月16日(月)〜4月17日(火),5月16日(水)〜5月17日(木)   開催地 東京都   参加費 有料 13万356円(書籍・試験受験料・税込)

 本研修は、ITILファンデーション(V3)認定資格をお持ちの方を対象として、ITサービスマネジメントのベストプラクティス「ITIL」を実践で活用するノウハウを…

ジョブ管理製品のマイグレーションへの第一歩! 【主催:アシスト】  

開催日 6月13日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

他社ジョブ管理製品からJP1への乗り換えの検討から構築までの具体的な手法をご紹介現在お使いのジョブ管理製品でお悩みや課題、要望をお持ちではないでしょうか。本セミ…

ISO/IEC 20000 ITサービスマネジメントプロフェッショナルコース 【BSIグループジャパン】  

開催日 3月5日(月)〜3月9日(金),7月23日(月)〜7月27日(金)   開催地 東京都   参加費 有料 30万2400円(税込)

本コースは、受講生がITサービスマネジメントシステム ISO/IEC 20000に基づくマネジメントシステム監査を、監査責任者、または審査チームのリーダーとして…

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

運用改善事例セミナー」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「運用改善事例セミナー」の記事の続きがお読みいただけます。



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50045875


IT・IT製品TOP > 運用管理 > 統合運用管理 > 統合運用管理のITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ