IT・IT製品TOP > 運用管理 > 統合運用管理 > 統合運用管理のITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2012/10/29

運用改善事例セミナー


野村総合研究所


運用改善事例セミナーのセミナー概要 運用改善事例セミナーのプログラム 運用改善事例セミナーの申込み



開催日時

2012年11月9日(金) 15:00〜17:00|申込み締切 2012年11月8日(木)
会  場 野村総合研究所 丸の内総合センター(本社)8F
東京都千代田区丸の内1-6-5 丸の内北口ビル 8F
・JR東京駅 丸の内北口より徒歩2分
・地下鉄東西線 大手町駅 徒歩2分
・地下鉄丸の内線 東京駅 徒歩3分
(地下鉄の出口:B4出口またはB2c出口)

地図はこちら
参加費

無料
定 員

30名
こんな方にオススメ

情報システム部の統括 |システムの設計・運用|経営者CIO

会員限定で「運用改善事例セミナー」の続きが読めます

運用改善事例セミナー」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「運用改善事例セミナー」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「統合運用管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「統合運用管理」関連情報をランダムに表示しています。

「統合運用管理」関連の製品

3つの事例が教えるIT作業管理、業務改善と標準化の効果は? 【日本電気】 オンプレミスと同じように安定かつ安全に運用できるクラウド導入 【F5ネットワークスジャパン】 IT運用改善の第一歩、現在の課題が分かるプロセス管理術 【日本電気】
統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理
3つの事例が教えるIT作業管理、業務改善と標準化の効果は? 企業のマルチクラウド導入が急速に進んでいる。しかし、その導入では正常に動いていたオンプレミスとどれだけ同じように安定かつ安全に運用できるかが管理者の悩みとなる。 IT運用改善の第一歩、現在の課題が分かるプロセス管理術

「統合運用管理」関連の特集


2009年度の市場金額が微増に留まった「統合運用管理ツール」。数量・金額ベースともにシェアトップのベ…



サーバーの停止は業務の停止。業務の停止は企業活動の停止に繋がります。それを事前に防ぐ「サーバー監視ツ…



内部統制や仮想化環境などを背景に成長している統合運用管理パッケージ市場。今後更なる拮抗が予想される上…


「統合運用管理」関連のセミナー

【大阪】JP1×CLUSTERPROハンズオンセミナー 【日本電気/日立製作所】  

開催日 12月16日(金)   開催地 大阪府   参加費 無料

AWS(Amazon Web Services)をはじめとするクラウドサービスの発展・浸透を受けて、基幹系システムのクラウド移行を検討する企業が増加しています。…

たった1行のAPIコールで、Zabbixとクラウド電話とを連携! 【主催:ユニファイド・サービス/協力:オープンソース活用研究所】  

開催日 12月14日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

【対象者】・24時間365日システム運用をしている企業。【本セミナーで解決する課題】・障害時に、運用担当者やお客様への電話を自動化し、確実に連絡したい。【中堅・…

ITサービスマネジメント(ITILファンデーション)速習研修 【IT&ストラテジーコンサルティング】  

開催日 10月17日(月),11月19日(土),11月22日(火),12月12日(月)   開催地 東京都   参加費 有料 7万5600円(税込)

本研修は日々の業務等にお忙しく2日間の研修を受講される時間の都合がつかない方を対象に、ワークブックによる自習+1日の座学研修をお受けいただき、ITI ファンデー…

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

運用改善事例セミナー」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「運用改善事例セミナー」の記事の続きがお読みいただけます。


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50045874


IT・IT製品TOP > 運用管理 > 統合運用管理 > 統合運用管理のITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ