マスタ管理の現状と、マスタの一元管理

IT・IT製品TOP > データ分析 > BI > BIのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2012/10/27

マスタ管理の現状と、マスタの一元管理


主催:NTTデータ ビジネスシステムズ/協賛:リアライズ


マスタ管理の現状と、マスタの一元管理のセミナー概要 マスタ管理の現状と、マスタの一元管理のプログラム マスタ管理の現状と、マスタの一元管理の申込み



開催日時

2012年11月2日(金) 15:00〜17:00|申込み締切 2012年11月2日(金)
会  場 NTTDATA INFORIUM  豊洲イノベーションセンタ
東京都江東区豊洲3丁目2-20 豊洲フロント2F
東京メトロ有楽町線「豊洲」駅 1c出口 すぐ

地図はこちら
参加費

無料
定 員

40名
こんな方にオススメ

情報システム部の統括 |経営者CIO|全社スタッフ

会員限定で「マスタ管理の現状と、マスタの一元管理」の続きが読めます

マスタ管理の現状と、マスタの一元管理」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「マスタ管理の現状と、マスタの一元管理」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「BI」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「BI」関連情報をランダムに表示しています。

「BI」関連の製品

オールインワンBIツール Actionista! 【ジャストシステム】 Dr.Sum EA 【ウイングアーク1st】 ExcelベースのオープンソースBI 「Jedox」 【KSKアナリティクス】
BI BI BI
“かんたん、きれい、わかりやすい”
「誰でも分析」を実現するオールインワンBIツール。誰でも簡単に本格的な分析が行え、分析結果を組織内で自由に共有することができる。
企業システムに蓄積されたデータを部門間や全社規模で集計分析。
Excelやブラウザを用いて、自由な集計分析を実現する多次元高速集計検索エンジン。
予算・実績管理に特化したExcelベースのBI。Excelライクな操作性で使いやすく、スモールスタートが可能。

「BI」関連の特集


膨大なデータの中からビジネスに役立つ情報を抽出、分析できるBIツール。超高速な処理を可能にする「イン…



ストリーム・コンピューティングやSaaS、大量データを高速分析できるOSSなど、BIツールに関連する…



宅配事業において、各世帯の潜在ニーズの分析や実際のレスポンスが把握しにくいという課題を抱えていたコー…


「BI」関連のセミナー

データから迅速なビジネス判断を実現「Domo」ハンズオンセミナー 【富士通】 締切間近 

開催日 2月9日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

・ビジネス管理プラットフォーム「Domo」は、社内外のすべてのデータを1か所に集約し、お客様にとって最適な形にパーソナライズしたダッシュボードやデータを共有しな…

BIツール・BOARD無料体験セミナー 【日本ラッド】  

開催日 2月2日(木),2月9日(木),2月16日(木),2月23日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

初めてBIツールを検討される方へ求めているBIツールが見つからない方へ既存のBIツールにご満足されていない方へBIツール・BOARDを使って、もっと自由に!もっ…

マイクロストラテジー・アナリティクス 体験会 【マイクロストラテジー・ジャパン】  

開催日 2月3日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

現場で活躍する弊社エンジニアがMicroStrategy製品のユーザー機能を中心にご紹介するハンズオン体験つきのセミナーです。本セミナーでは、多様な分析要件に対…

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

マスタ管理の現状と、マスタの一元管理」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「マスタ管理の現状と、マスタの一元管理」の記事の続きがお読みいただけます。


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50045851


IT・IT製品TOP > データ分析 > BI > BIのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ