【無償実機トレーニング】ARCserve D2Dイメージバックアップ

IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2012/10/23

【無償実機トレーニング】ARCserve D2Dイメージバックアップ


CA Technologies


【無償実機トレーニング】ARCserve D2Dイメージバックアップのセミナー概要 【無償実機トレーニング】ARCserve D2Dイメージバックアップの申込み



開催日時

2012年11月6日(火) 09:30〜12:30|申込み締切 2012年11月6日(火)
2012年11月21日(水) 14:00〜17:00|申込み締切 2012年11月21日(水)
会  場 CA Technologies JA共済ビル
東京都千代田区平河町2-7-9 JA共済ビル9F
東京メトロ
 半蔵門線・有楽町線・南北線:「永田町」駅徒歩2分
 銀座線・丸ノ内線:「赤坂見附」駅徒歩2分(「永田町」駅直結)
 有楽町線:「麹町」駅徒歩4分
 半蔵門線:「半蔵門」駅徒歩5分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

16名
こんな方にオススメ

システムの設計・運用 |情報システム部の統括

会員限定で「【無償実機トレーニング】ARCserve D2Dイメージバックアップ」の続きが読めます

【無償実機トレーニング】ARCserve D2Dイメージバックアップ」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「【無償実機トレーニング】ARCserve D2Dイメージバックアップ」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「バックアップツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップツール」関連情報をランダムに表示しています。

「バックアップツール」関連の製品

仮想/物理環境対応バックアップツール ActiveImage Protector 【ネットジャパン】 データ仮想化の使い方――増え続けるコピーデータを管理するための処方箋 【ベル・データ】 統合バックアップソリューション 「Backup Exec」 【ベリタステクノロジーズ】
バックアップツール バックアップツール バックアップツール
稼働中サーバーを確実・高速にバックアップするネットジャパン自社開発製品。Windows/Linux対応。バックアップ時にインラインで重複排除圧縮したイメージファイルを作成。 データ仮想化の使い方――増え続けるコピーデータを管理するための処方箋 幅広いプラットフォームとアプリケーションに対応する統合バックアップソリューション。台数ベースライセンスのほか、容量課金、仮想環境向けソケット課金にも対応。

「バックアップツール」関連の特集


犬のしつけ方教室やペットホテルを営む今回の企業では、預かっている犬の大量の写真を顧客と共有することで…



バックアップ改善の動きは確かに広がっている。だがその動きは、東日本大震災を経てもなお、まだ一部の企業…



 バラクーダネットワークスでは、メールセキュリティとストレージ・バックアップ製品のラインアップが数種…


「バックアップツール」関連のセミナー

【大阪開催】Nimbleと強力連携 Veeam9.5 最新機能紹介 【クライム】  

開催日 6月9日(金)   開催地 大阪府   参加費 無料

大阪開催!仮想マシンのバックアップツールVeeam(ヴィーム)。ご存知の方も、そうでない方もVeeamの基本機能から最新機能まで余すことなくご紹介します。その中…

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

【無償実機トレーニング】ARCserve D2Dイメージバックアップ」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「【無償実機トレーニング】ARCserve D2Dイメージバックアップ」の記事の続きがお読みいただけます。


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50045753


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ