IT・IT製品TOP > データ分析 > ビッグデータ > ビッグデータのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 近畿 > 大阪府 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2012/10/18

POWER SOLUTION フォーラム


主催:エス・アイ・シー/共催:イグアスほか/特別協賛:日本マイクロソフト/日本アイ・ビー・エム


POWER SOLUTION フォーラムのセミナー概要 POWER SOLUTION フォーラムの申込み



開催日時

2012年11月16日(金) 14:00〜17:00|申込み締切 2012年11月15日(木)
会  場 株式会社イグアス 新大阪事業所
大阪府大阪市淀川区宮原3-5-36 新大阪トラストタワー13F
地下鉄御堂筋線 新大阪駅 4番出口 徒歩3分
JR新大阪駅 徒歩5分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

なし
こんな方にオススメ

情報システム部の統括 |システムの設計・運用|経営者CIO

会員限定で「POWER SOLUTION フォーラム」の続きが読めます

POWER SOLUTION フォーラム」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「POWER SOLUTION フォーラム」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「ビッグデータ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ビッグデータ」関連情報をランダムに表示しています。

「ビッグデータ」関連の製品

16PBを超える保存データを保護、MasterCardに学ぶビッグデータセキュリティ戦略 【Cloudera】 「使えるAI」はこう作る 〜ディープラーニングの実力を引き出すポイント 【富士通株式会社】 SAS Event Stream Processing 【SAS Institute Japan】
ビッグデータ ビッグデータ ビッグデータ
16PBを超える保存データを保護、MasterCardに学ぶビッグデータセキュリティ戦略 「使えるAI」はこう作る 〜ディープラーニングの実力を引き出すポイント IoTの次なる活用法――データストリームのリアルタイム分析とは?

「ビッグデータ」関連の特集


IIJは自社のクラウド基盤上でビッグデータの高速処理システムを提供する「IIJ GIO Hadoop…



ERP製品を主軸に事業を展開するテクノスジャパンでは、データ分析を主に手がけるテクノスデータサイエン…



ソフトバンクが設置する全国40万カ所のWi-Fiアクセスポイントのデータ活用が本格始動?「ソーシャル…


「ビッグデータ」関連のセミナー

NTTデータ テクノロジーカンファレンス2017 【エヌ・ティ・ティ・データ】  

開催日 10月30日(月)   開催地 東京都   参加費 無料

情報やビジネスのデジタル化が進展した昨今において企業が発展し続けるためには、各企業のビジネスモデルや情報システムに「デジタルトランスフォーメーション(DX)」の…

HPEストレージフォーラム 2017 【日本ヒューレット・パッカード】 締切間近 

開催日 10月19日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

2020年には、世界で生成されるデータ量が44ゼタバイトに達すると予測されています。スマホやセンサーが生み出すデータが指数関数的に増加するとみられているからです…

神奈川県ICT講座 【主催:神奈川県】  

開催日 10月28日(土),11月4日(土),11月18日(土),12月2日(土),12月16日(土)   開催地 神奈川県   参加費 無料

 神奈川県内におけるIoT導入を計画・立案できる人材の育成を目的として、神奈川県内に勤務する方を対象としたICT(情報通信技術)に関する無料講座として、 「神奈…

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

POWER SOLUTION フォーラム」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「POWER SOLUTION フォーラム」の記事の続きがお読みいただけます。



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50045684


IT・IT製品TOP > データ分析 > ビッグデータ > ビッグデータのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ