ビッグデータを利活用!Hadoopによるバッチの高速化

IT・IT製品TOP > 基幹系システム > その他基幹系システム関連 > その他基幹系システム関連のITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2012/10/17

ビッグデータを利活用!Hadoopによるバッチの高速化


富士通


ビッグデータを利活用!Hadoopによるバッチの高速化のセミナー概要 ビッグデータを利活用!Hadoopによるバッチの高速化の申込み



開催日時

2012年11月2日(金) 14:00〜16:30|申込み締切 2012年11月2日(金)
会  場 富士通トラステッド・クラウド・スクエア
東京都港区浜松町2-4-1 世界貿易センタービル
「浜松町駅」より2階コンコースで直結

地図はこちら
参加費

無料
定 員

30名
こんな方にオススメ

情報システム部の統括 |システムの設計・運用|その他

会員限定で「ビッグデータを利活用!Hadoopによるバッチの高速化」の続きが読めます

ビッグデータを利活用!Hadoopによるバッチの高速化」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「ビッグデータを利活用!Hadoopによるバッチの高速化」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「その他基幹系システム関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他基幹系システム関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他基幹系システム関連」関連の製品

HULFT運用管理の最適化・自動化ツール「HULFT-HUB」 【セゾン情報システムズ】 固定資産管理ソリューション ProPlus Fixed Assets Suite 【プロシップ】 継続請求管理ロボット「経理のミカタ」 【ソフトバンク コマース&サービス】
その他基幹系システム関連 その他基幹系システム関連 その他基幹系システム関連
複数の拠点で利用されるHULFTのデータ連携網を「見える化」し、その正確な管理と運用の最適化を実現する。1:1のファイル転送だけでなく、n:nの連携を可能にする。 4100社超の導入実績を誇り、進化し続ける固定資産管理ソリューション。IFRS対応はもちろんキメ細かな固定資産管理を実現。多言語・多通貨にも対応。 SFA/CRMと会計をつなぎ、請求・集金業務を管理・統合・自動化するRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)。

「その他基幹系システム関連」関連の特集


対前年比9.1%増。今後はUHF帯RFIDシステムが普及の鍵を握ると見られる「RFIDリーダ・ライタ…



企業がグローバル化を進める際には、従来の認識やアプローチでは通用しないと言われています。では、どのよ…



世界的なIT企業や製造業だけでなく、日本の大手金融機関やSIerも注目するオープンソースの分散台帳ソ…


「その他基幹系システム関連」関連のセミナー

業務渡航における危機管理の最新動向セミナー 【日立システムズ】  

開催日 7月5日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

昨今、中堅中小企業においても海外進出が増加傾向にあります。一方で、テロ事件や民族闘争が思いもよらない場所で発生するリスクが高まっているのも実情です。特に最近では…

原価管理パッケージ「J-CCOREs」トライアルセミナー 【JFEシステムズ】  

開催日 6月23日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

数々の業種に適応し進化を続けてきた原価管理システム「J-CCOREs(ジェー・シー・コアーズ)」は、製品別原価・損益計算の実現のみにとどまらず、透明性の高い原価…

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

ビッグデータを利活用!Hadoopによるバッチの高速化」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「ビッグデータを利活用!Hadoopによるバッチの高速化」の記事の続きがお読みいただけます。


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50045678


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > その他基幹系システム関連 > その他基幹系システム関連のITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ