IT・IT製品TOP > 運用管理 > 統合運用管理 > 統合運用管理のITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2012/09/23

JP1 最新動向セミナー 2012


アシスト


JP1 最新動向セミナー 2012のセミナー概要 JP1 最新動向セミナー 2012のプログラム JP1 最新動向セミナー 2012の申込み



開催日時

2012年11月2日(金) 14:00〜18:30|申込み締切 2012年11月1日(木)
会  場 アルカディア市ヶ谷
東京都千代田区九段北4-2-25
都営地下鉄 新宿線 市ヶ谷駅 A1またはA4出口より徒歩2分 
地下鉄 有楽町線・南北線 市ヶ谷駅 1またはA1出口より徒歩2分
JR 市ヶ谷駅 より徒歩2分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

100名
こんな方にオススメ

情報システム部の統括 |ネットワークの設計・運用

会員限定で「JP1 最新動向セミナー 2012」の続きが読めます

JP1 最新動向セミナー 2012」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「JP1 最新動向セミナー 2012」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「統合運用管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「統合運用管理」関連情報をランダムに表示しています。

「統合運用管理」関連の製品

技術者不足でも運用を効率化、事前対策的トラブルシューティングの手法とは? 【日本ヒューレット・パッカード】 時間と手間を集約する「マネージドソフトウェアスタック」という仕組み 【NTTテクノクロス】 ダウンタイム要因はストレージとは限らない、可用性向上の鍵は機械学習にあり 【日本ヒューレット・パッカード】
統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理
技術者不足でも運用を効率化、事前対策的トラブルシューティングの手法とは? ITインフラ運用管理の効率化と自動化を語る上で、OSSは外せない選択肢だ。しかし、安全に供給するには誰がどう保守すればよいか。自前で賄えなくても諦めるのは早い。 ダウンタイム要因はストレージとは限らない、可用性向上の鍵は機械学習にあり

「統合運用管理」関連の特集


ビッグデータやAI、IoTといった新技術がシステム運用管理にどのような影響を与えるのか。今後続々と実…



内部統制や仮想化環境などを背景に成長している統合運用管理パッケージ市場。今後更なる拮抗が予想される上…



従業員規模・業種別の統合運用管理ツールの「導入状況」や、「導入きっかけ」「満足度」「導入しない理由」…


「統合運用管理」関連のセミナー

国内トップシェア製品 JP1の提案や見積もりのコツ! 【主催:アシスト】  

開催日 6月13日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

システムに欠かせない運用管理製品 JP1 を皆様の武器に、ご提案のメリットとそのノウハウをご紹介運用業務を支えるジョブ管理製品として、JP1は多くの企業に採用さ…

Hinemos ver.6.1 紹介セミナ 【エヌ・ティ・ティ・データ先端技術】  

開催日 6月13日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

エンタープライズシステムの運用管理をより高度・効率的に実現する製品・サービスラインナップはもちろん、エンタープライズシステムにおける導入事例や、製品移行・導入支…

JP1ジョブ管理製品のアセスメントとトラブル対応! 【主催:アシスト】  

開催日 8月2日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

自社のJP1にリスクは潜んでいないのか、トラブル時の対応をどうするか、そのヒントはここに。基幹システムを支え続けるJP1にも、様々なリスクが存在しており、ビジネ…

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

JP1 最新動向セミナー 2012」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「JP1 最新動向セミナー 2012」の記事の続きがお読みいただけます。



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50045327


IT・IT製品TOP > 運用管理 > 統合運用管理 > 統合運用管理のITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ