JBMIA文書管理システムセミナーKANSAI 2012

IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > 文書管理 > 文書管理のITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 近畿 > 大阪府 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2012/09/23

JBMIA文書管理システムセミナーKANSAI 2012


ビジネス機械・情報システム産業協会


JBMIA文書管理システムセミナーKANSAI 2012のセミナー概要 JBMIA文書管理システムセミナーKANSAI 2012のプログラム JBMIA文書管理システムセミナーKANSAI 2012の申込み



開催日時

2012年10月26日(金) 13:30〜17:00|申込み締切 2012年10月25日(木)
会  場 梅田スカイビル タワーウェスト36階 スペース36R
大阪府大阪市北区大淀中1丁目1-88
JR大阪駅(中央北口)/阪急梅田駅(茶屋町口)/地下鉄御堂筋線梅田駅(5番出口) 各々徒歩約9分
阪神梅田駅 徒歩約13分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

100名
こんな方にオススメ

全社スタッフ |営業・販売|システムの設計・運用
参加者プレゼント
セミナー資料として 『文書管理物語』 (JBMIA DMS部会著、東洋経済新報社刊) 付

会員限定で「JBMIA文書管理システムセミナーKANSAI 2012」の続きが読めます

JBMIA文書管理システムセミナーKANSAI 2012」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「JBMIA文書管理システムセミナーKANSAI 2012」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「文書管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「文書管理」関連情報をランダムに表示しています。

「文書管理」関連の製品

エンタープライズコンテンツ管理(ECM) OnBase 【Hyland Software】 OpenText ECM <文書&コンテンツ統制管理ソリューション> 【オープンテキスト】 設計データ管理「SOLIDWORKS Enterprise PDM」 【NEC】
文書管理 文書管理 文書管理
紙文書を含む多様なコンテンツの統合管理/情報活用/ワークフロー化/業務システム連携などを容易に実現するエンタープライズコンテンツマネジメント(ECM)ソリューション。 契約書や証憑書類、オフィス文書、画像、動画、更に企業で蓄積されるノウハウや知識情報など多彩なコンテンツを業務プロセスに紐づけて管理・活用できる情報統制・共有基盤 SOLIDWORKSの設計データのハイレベルな運用/ワークフロー管理を実現するソリューション。SOLIDWORKSブランドならではの高い親和性が特長。Obbligatoとの連携も可能。

「文書管理」関連の特集


2015年度は115億円規模だった文書管理ツール市場。大企業を中心に導入が進む中、17%の占有率を獲…



情報漏洩の原因として最も多いのが「紙」に印刷された情報の外部への流出。プロに聞く、紙の情報の適切な管…



e-文書法や公文書管理法、IFRSといった法制度への期待から、市場の伸長が見込まれている「文書管理」…


「文書管理」関連のセミナー

事例から学ぶ!図面の共有を促進しながら外部流出を防ぐ方法とは 【オーシャンブリッジ】  

開催日 9月15日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

独自のノウハウや重要な技術情報が含まれるファイルを、国内拠点のみならず取引先や海外拠点にもスムーズに共有することが求められていますが、情報漏えいや二次利用を心配…

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

JBMIA文書管理システムセミナーKANSAI 2012」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「JBMIA文書管理システムセミナーKANSAI 2012」の記事の続きがお読みいただけます。



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50045308


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > 文書管理 > 文書管理のITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ