ソーシャルメディアの炎上対策・リスクマネジメント対策セミナー

IT・IT製品TOP > データ分析 > ソーシャルメディア分析 > ソーシャルメディア分析のITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 近畿 > 大阪府 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2012/09/21

ソーシャルメディアの炎上対策・リスクマネジメント対策セミナー


ハンモック


ソーシャルメディアの炎上対策・リスクマネジメント対策セミナーのセミナー概要 ソーシャルメディアの炎上対策・リスクマネジメント対策セミナーのプログラム ソーシャルメディアの炎上対策・リスクマネジメント対策セミナーの申込み



開催日時

2012年10月16日(火) 14:00〜16:20|申込み締切 2012年10月15日(月)
会  場 貸会議室ユーズ・ツウ Bルーム
大阪府大阪市北区梅田2-1-18 富士ビル3F
■地下鉄四つ橋線 西梅田駅 4-B出口上がってすぐ
■JR大阪駅 桜橋出口より南へ徒歩5分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

35名
こんな方にオススメ

全社スタッフ |製造・生産管理|その他
参加者プレゼント
来場いただいた方から抽選で1名様に、電動アシスト自転車(20型)プレゼント


セミナー概要

自社や商品への「消費者の声」分析の最新手法をわかりやすく解説


◆企業のリスクマネジメント、コンプライアンスに携わる方々必見です!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
ソーシャルメディアの普及により消費者の発信力が強まる中、
「ある朝出勤したら"炎上"状態に!」
「不買運動に会社が巻き込まれた!」
という企業のリスク管理に関わる不測の事態への対策はいかがでしょうか?

企業ではソーシャルメディア上でのリスクマネジメントが重要な経営課題となり、企業に損害を与える炎上状態となる前に「潜在リスク」を早い段階で見つけ出し、対策することが最大の焦点となっています。

本セミナーでは、そのようなソーシャルメディア上の「潜在リスク」を把握するノウハウをご紹介します。

また、ソーシャルメディアやレビューサイトにあふれる「消費者の声」の分析(=クチコミ分析)をマーケティングに活用するための最新手法や、ブランド管理をテーマにインターネット上の企業ブランドロゴの監視からブランドイメージを守る対策法もご紹介します。

◆ このような方におすすめです ◆
   ・「ソーシャルメディアのリスクマネジメントは、何から始めれば良いのかわからない」
   ・「炎上」「風評被害」の対策を検討している
   ・自社へのクチコミ監視を検討している
   ・広報 / マーケティング / カスタマーサポート / 品質管理 / 法務部門を担当している
   ・Web、ソーシャルメディアの運営を担当している



このページの先頭へ


プログラム

2012/10/16
14:00〜14:50

■ソーシャルメディアのリスクマネジメント対策

〜「遺伝子組み換え」「食中毒」のクチコミ情報から発覚した食品業界の「潜在リスク」を検証!〜

ソーシャルメディア上に拡がる企業のリスクにつながるクチコミ情報が一体どれくらいあるのか?どんなリスクレベルがあるのか?まずは、全体像を捉えることでリスクマネジメントが始まります。
また、企業や商品に対するネガティブな噂やクチコミに対する「企業が監視すべきキーワード」は、会社や業界ごとに異なり、潜在リスクを把握するのは困難です。
企業リスクにつながる重要キーワードから収集したクチコミ情報を効率的に分類し、企業のリスクにつながる情報が「担当者でも簡単に把握できる」ノウハウをご紹介します。
2012/10/16
15:00〜15:40

■クチコミ分析をマーケティングに活かせなかった方必見!

〜商品1つひとつの販売価格の妥当性までがクチコミ分析から判明!〜

クチコミ分析をやってみたけど、不必要なデータが多く、キャンペーンの効果測定や話題性のキャッチなどクチコミ分析に思った効果が見いだせなかった経験はありませんか?ソーシャルメディアやレビューサイトのクチコミ分析は、今や商品やブランドごとに実施する必要があります。クチコミ分析ツール「GLUE SNS」による直ぐにでも実践可能なマーケティング手法をご紹介します。
2012/10/16
15:50〜16:10

■インターネットのブランド管理「コーポレートブランドロゴの監視」は必須!

〜ブランドロゴの不正利用の発見と管理の効率化〜

インターネット上に自社ブランドのロゴ画像がどれくらいあるのか?そのうち不適切な使われ方をしているブランドロゴはどれくらいあるのか?
不正利用ロゴを掲載しているWebサイトではメーカー側が把握していない商品の不正販売や偽商品の販売をされているケースがあります。そういった不正販売が企業ブランドへの大きなダメージにつながります。
膨大な画像ファイルから自社のブランドロゴを使用しているWebサイトの一覧が確認できる「GLUE CI」を用いて、大手食品メーカー法務部様の運用事例を基にブランドロゴの不正利用監視方法をご紹介。
2012/10/16
16:10〜16:20

質疑応答


このページの先頭へ


申込み


このセミナーはすでに終了しています。



掲載企業


株式会社ハンモック
住 所 : 東京都豊島区高田3-19-10 ヒューリック高田馬場ビル1-2F
TEL : 03-5957-3630
FAX : 03-5957-3681


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50045302


IT・IT製品TOP > データ分析 > ソーシャルメディア分析 > ソーシャルメディア分析のITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ