ビッグデータを意味統合で使えるデータにして有効活用

IT・IT製品TOP > データ分析 > ビッグデータ > ビッグデータのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2012/09/19

ビッグデータを意味統合で使えるデータにして有効活用


アグラ


ビッグデータを意味統合で使えるデータにして有効活用のセミナー概要 ビッグデータを意味統合で使えるデータにして有効活用の申込み



開催日時

2012年10月10日(水) 16:00〜16:40|申込み締切 2012年9月30日(日)
会  場 東京ビッグサイト
東京都江東区有明3-11-1
ゆりかもめ「国際展示場正門」 駅下車 徒歩約3分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

100名
こんな方にオススメ

経営者CIO |情報システム部の統括

会員限定で「ビッグデータを意味統合で使えるデータにして有効活用」の続きが読めます

ビッグデータを意味統合で使えるデータにして有効活用」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「ビッグデータを意味統合で使えるデータにして有効活用」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「ビッグデータ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ビッグデータ」関連情報をランダムに表示しています。

「ビッグデータ」関連の製品

ビッグデータ時代の分析基盤はリアルタイム分析で好機をつかむ 【ホートンワークスジャパン】 「Spark」を動画で徹底解説、高速ビッグデータ分析環境を簡単に構築する方法 【日本アイ・ビー・エム株式会社】 オープンソース・データサイエンスツール 「RapidMiner」 【KSKアナリティクス】
ビッグデータ ビッグデータ ビッグデータ
進化が速い「Hadoop」に情シスはどう対応する? 解決の近道とは 「Spark」を動画で徹底解説、高速ビッグデータ分析環境を簡単に構築する方法 ドラッグ&ドロップの操作で高度な分析を行えるノンプログラミングのデータサイエンスツール。120種類以上のアルゴリズムや分析モデルを標準装備し、多様なニーズに対応。

「ビッグデータ」関連の特集


 前回(第10回)は、読者の皆さんも含めてサービスを利用する側がサービスを提供する側に対してデータを…



なにかと話題の「ビッグデータ」。過大な投資をせず、ビッグデータからの恩恵が得られるように、考え方を整…



 今回は、前回に引続き「キーマンズネット」自身が「ビッグデータ」に関して実施したアンケート(「ビッグ…


「ビッグデータ」関連のセミナー

【追加開催】 IoT活用事例セミナー in 名古屋 【日立システムズ/日立ソリューションズ/日立製作所】  

開催日 4月20日(木)   開催地 愛知県   参加費 無料

2017年3月3日開催の本セミナーには、大変多くのお申込みをいただき誠にありがとうございました。多くのご要望をいただき、このたび追加開催をさせていただく運びとな…

人工知能(AI)活用実践セミナー 【日本電気】  

開催日 2月24日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

近年ディープラーニングをはじめとするAI技術が発達し、実社会での適用が進みつつあります。その中で膨大な画像・業務データの学習・推論・判断をより的確に行うための実…

IoT活用事例セミナー in 名古屋 【日立システムズ/日立ソリューションズ/日立製作所】  

開催日 3月3日(金)   開催地 愛知県   参加費 無料

「IoT」「ビッグデータ」「AI」などのITキーワードが注目されはじめてから久しくなり、多くの企業さまでの重要な検討課題となっていたり、すでに取組み始めておられ…

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

ビッグデータを意味統合で使えるデータにして有効活用」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「ビッグデータを意味統合で使えるデータにして有効活用」の記事の続きがお読みいただけます。


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50045249


IT・IT製品TOP > データ分析 > ビッグデータ > ビッグデータのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ