IT・IT製品TOP > 運用管理 > IT資産管理 > IT資産管理のITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 近畿 > 大阪府 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2012/09/18

【大阪】クライアント管理勉強会


PC・ネットワークの管理・活用を考える会


【大阪】クライアント管理勉強会のセミナー概要 【大阪】クライアント管理勉強会のプログラム 【大阪】クライアント管理勉強会の申込み



開催日時

2012年10月12日(金) 13:30〜17:30|申込み締切 2012年10月11日(木)
会  場 大阪丸紅ビル B1F C会議室
大阪府大阪市中央区本町2-5-7
市営地下鉄御堂筋線・中央線 本町駅 3番出口から徒歩5分
市営地下鉄堺筋線・中央線 堺筋本町駅 17番出口から徒歩3分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

20名
こんな方にオススメ

システムの設計・運用 |ネットワークの設計・運用|情報システム部の統括

会員限定で「【大阪】クライアント管理勉強会」の続きが読めます

【大阪】クライアント管理勉強会」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「【大阪】クライアント管理勉強会」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「IT資産管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IT資産管理」関連情報をランダムに表示しています。

「IT資産管理」関連の製品

IT資産管理ソフトSS1<System Support best1> 【ディー・オー・エス】 資産・備品管理システム 「備品マネージャー2」 【フォー・ズィー・コーポレーション 】 リプレース回数を減らしてコスト削減、サポート切れの機器を延命させるには? 【フィールドワン】
IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理
IT機器などの最新情報をリアルタイムに把握・可視化し、資産・セキュリティ・ログの管理を効率化する。新機能のソフトウェア資産管理機能でコンプライアンス強化も支援。 2次元バーコード付の備品ラベルを使い、資産・備品の登録から、リース資産の管理、棚卸、移管、廃棄までを一貫して管理できる。その他画像管理や簿価リスト出力も可能。 リプレース回数を減らしてコスト削減、サポート切れの機器を延命させるには?

「IT資産管理」関連の特集


導入済み企業も多い「IT資産管理ツール」。でも、非合理な投資の増加、運用管理が複雑に…など使いこなせ…



企業で管理できているソフトウェアは全体の3〜5%程度…。膨大なソフトウェアを適切に管理するためにIT…



大企業で4億円、中小企業で1億円の賠償請求も? そんなリスクから逃れるために必要なソフトウェア資産管…


「IT資産管理」関連のセミナー

System Support Day 2017 【ディー・オー・エス】 注目 

開催日 9月7日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

「WannaCry」をはじめとするランサムウェアを用いた標的型攻撃や、内部不正に起因する情報漏洩など、IT環境を取り巻く脅威が社会問題となっています。これらの脅…

ハンズオンで学ぶ!PC資産管理と情報漏えい対策 【エムオーテックス】  

開催日 9月8日(金)   開催地 大阪府   参加費 無料

マイナンバー制度の開始や個人情報保護法の改正に伴い、お客様の情報セキュリティの重要性は日に日に増しています。情報漏えいのリスクは、従来からの内部からの情報漏えい…

ハンズオンで学ぶ!PC資産管理と情報漏えい対策 【エムオーテックス】  

開催日 9月7日(木)   開催地 愛知県   参加費 無料

マイナンバー制度の開始や個人情報保護法の改正に伴い、お客様の情報セキュリティの重要性は日に日に増しています。情報漏えいのリスクは、従来からの内部からの情報漏えい…

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

【大阪】クライアント管理勉強会」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「【大阪】クライアント管理勉強会」の記事の続きがお読みいただけます。



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50045245


IT・IT製品TOP > 運用管理 > IT資産管理 > IT資産管理のITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ