『いま求められる、攻めの経営のための管理会計』

IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 会計システム > 会計システムのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2012/09/06

『いま求められる、攻めの経営のための管理会計』


東芝ソリューション


『いま求められる、攻めの経営のための管理会計』のセミナー概要 『いま求められる、攻めの経営のための管理会計』のプログラム 『いま求められる、攻めの経営のための管理会計』の申込み



開催日時

2012年9月14日(金) 14:00〜17:00|申込み締切 2012年9月13日(木)
会  場 東芝ビル39階 3907会議室
東京都港区芝浦1-1-1
JR浜松町駅南口より徒歩7分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

40名
こんな方にオススメ

全社スタッフ |情報システム部の統括

会員限定で「『いま求められる、攻めの経営のための管理会計』」の続きが読めます

『いま求められる、攻めの経営のための管理会計』」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「『いま求められる、攻めの経営のための管理会計』」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「会計システム」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「会計システム」関連情報をランダムに表示しています。

「会計システム」関連の製品

経理部門にも「働き方改革」、バックオフィス業務の効率化にERPが役立つ理由 【ミロク情報サービス】 MJSLINK NX-I 【ミロク情報サービス】 予算編成システム BizForecast(ビズフォーキャスト) 【プライマル】
会計システム 会計システム 会計システム
社内の働き方改革を推進する立場にある管理部門。その管理部門の働き方改革がなかなか進まないといった皮肉な状況が起きている。原因と解決策とは。 上場準備を支えた影に会計システムあり。きめ細かな訪問指導で問題も解決。 各企業における最適な予算編成を実現するグループ経営管理システム。「柔軟性の高さ」と「使い勝手の良さ」を兼ね備え、経営管理の効率化を支援する。

「会計システム」関連の特集


 「領収書の電子化が進めば日本全体で1兆円ものコスト削減効果が見込める」――そう語るのは旅費や経費精…



今回はどこの会社でも利用されている“財務会計システム”に焦点をあて、クラウド化を想定してお話したいと…



2015年5月時点での利用率は、パッケージ型/クラウド型の合計で約31%の同市場。37%の占有率を獲…


「会計システム」関連のセミナー

86号/SSAE16内部統制構築セミナー 【ITガバナンス研究機構】  

開催日 3月15日(木)   開催地 東京都   参加費 有料 5万4000円(税込)

上場会社及びその連結対象子会社から財務諸表の作成の基礎となる取引の承認、実行、計算、集計、記録又は開示事項の作成等の業務を受託している企業は、 J-SOX対応の…

第10回SuperStream-COREから「NXシリーズ」への移行セミナー 【日立システムズ】  

開催日 3月14日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

この度、日立システムズでは、SuperStream-COREをご利用中のお客さまを対象としたセミナーを開催します。本セミナーでは、SuperStream会計ソリ…

第4回グループ経営管理セミナー 【日立システムズ】  

開催日 3月16日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

昨今、企業間競争の激化やM&Aなどの経営環境の変化にともない、自社の情報を正確に捉え、グループ戦略をいち早く立案・実行できるかが求められています。このような環境…

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

『いま求められる、攻めの経営のための管理会計』」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「『いま求められる、攻めの経営のための管理会計』」の記事の続きがお読みいただけます。



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50045068


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 会計システム > 会計システムのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ