IT・IT製品TOP > データ分析 > BI > BIのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2012/08/29

IBM Cognos TM1 無料体験セミナー


日本ラッド


IBM Cognos TM1 無料体験セミナーのセミナー概要 IBM Cognos TM1 無料体験セミナーの申込み



開催日時

2012年9月26日(水) 13:30〜17:00|申込み締切 2012年9月25日(火)
会  場 IBMイノベーション・センター
東京都渋谷区道玄坂1-12-1渋谷マークシティ・ウェスト 18F
渋谷駅より徒歩5分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

20名
こんな方にオススメ

経営者CIO |営業・販売|その他

会員限定で「IBM Cognos TM1 無料体験セミナー」の続きが読めます

IBM Cognos TM1 無料体験セミナー」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「IBM Cognos TM1 無料体験セミナー」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「BI」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「BI」関連情報をランダムに表示しています。

「BI」関連の製品

MicroStrategy 10 【マイクロストラテジー・ジャパン】 誰でも簡単にデータ分析できるBIツール「Actionista!」 【ジャストシステム】 クラウドBIダッシュボード MotionBoard Cloud 【ウイングアーク1st】
BI BI BI
強力なエンタープライズ対応アナリティクス、セルフサービスBI、モビリティ、セキュリティを統合プラットフォームでシームレスに提供するエンタープライズBIソリューション 専用クライアント不要。ブラウザベースで「誰でも分析」を実現するオールインワンBIツール。誰でも簡単に本格的な分析が行え分析結果を組織内で自由に共有することが可能。 様々なデータソースからの情報を一元的に可視化するクラウド型BIツール。リアルタイムで自動集計されるデータを分かりやく可視化し、経営や現場の意思決定に活用できる。

「BI」関連の特集


利用端末環境として、スマートフォンやタブレット型端末が増加する同市場。拮抗する上位3社のベンダとは?…



実用的なBI活用に大きく寄与するのが処理速度と操作性。現在のツールはどこまで進化しているのか?クラウ…



セルフサービスBIを漠然と導入すると、無駄な投資になりかねない。導入方法や使い方を誤らないために、あ…


「BI」関連のセミナー

ヤンマー、リコーが解説 データ分析実践セミナー 【クリックテック・ジャパン】 締切間近 

開催日 8月31日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

データ分析で成功している多くの企業では、データ分析や意思決定をするための製品・ソリューションを現場主導で導入していると言われています。一方で、「導入したものの成…

公文、日立金属登壇 事例に学ぶ業務データ分析・利活用セミナー 【クリックテック・ジャパン】  

開催日 9月14日(木)   開催地 大阪府   参加費 無料

セルフサービスBIの概念が生まれた背景には、変化の激しいビジネス環境の中で、各業務が抱える課題やニーズを理解しているビジネスパーソンが、IT部門に頼ることなくス…

特長も操作もハッキリ分かる!中堅中小企業向けBI紹介セミナー 【エヌジェーケー】  

開催日 9月5日(火),9月19日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

DataNature Smartは…現場担当者や経営者それぞれのニーズに応じたアドホックなデータ活用から定型的な分析・集計までを、ボタンをクリックするだけの簡単…

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

IBM Cognos TM1 無料体験セミナー」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「IBM Cognos TM1 無料体験セミナー」の記事の続きがお読みいただけます。



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50044978


IT・IT製品TOP > データ分析 > BI > BIのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ