VMware仮想環境のバックアップと業務継続

IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2012/08/19

VMware仮想環境のバックアップと業務継続


CA Technologies


VMware仮想環境のバックアップと業務継続 のセミナー概要 VMware仮想環境のバックアップと業務継続 の申込み



開催日時

2012年9月12日(水) 14:30〜16:30|申込み締切 2012年9月12日(水)
会  場 CA Technologies JA共済ビル
東京都千代田区平河町2-7-9 JA共済ビル9F
東京メトロ
半蔵門線・有楽町線・南北線:「永田町」駅徒歩2分
銀座線・丸ノ内線:「赤坂見附」駅徒歩2分(「永田町」駅直結)
有楽町線「麹町」:駅徒歩4分
半蔵門線:「半蔵門」駅徒歩5分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

24名
こんな方にオススメ

システムの設計・運用 |情報システム部の統括

会員限定で「VMware仮想環境のバックアップと業務継続 」の続きが読めます

VMware仮想環境のバックアップと業務継続 」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「VMware仮想環境のバックアップと業務継続 」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「バックアップツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップツール」関連情報をランダムに表示しています。

「バックアップツール」関連の製品

統合データ保護ソリューション 「Veritas NetBackup」 【ベリタステクノロジーズ】 Acronis Backup 【アクロニス・ジャパン】 Office 365のバックアップに対応「Acronis Backup 12 Update3」 【アクロニス・ジャパン】
バックアップツール バックアップツール バックアップツール
データの保存場所がオンプレミスかクラウドかに関係なく、コストとリスクを抑えながら必要なサービスレベルを実現するための統合データ保護環境を提供。 ディスクイメージング技術とベアメタル復元技術に基づいたディザスタリカバリとデータプロテクションを実現する統合ソリューション。物理/仮想の混在環境にも対応。 クラウドベンダーがメールのバックアップも…その過信が招く危険

「バックアップツール」関連の特集


 2014年4月8日(日本時間2014年4月9日)をもって、マイクロソフト社は広く使用されていたWi…



なぜバックアップが必要なのか。その理由は何かトラブルが発生したとしても業務を継続できることだ。ここに…



 バラクーダネットワークスが提供するBarracuda Backupの導入事例としてご協力いただいて…


「バックアップツール」関連のセミナー

ActiveImage Protector Virtual Edition実践セミナー 【ネットジャパン】  

開催日 5月17日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

ActiveImage Protector 2016 R2 Virtual Editionの実機を使った体験セミナーです。ActiveImage Protect…

【大阪開催】Nimbleと強力連携 Veeam9.5 最新機能紹介 【クライム】  

開催日 6月9日(金)   開催地 大阪府   参加費 無料

大阪開催!仮想マシンのバックアップツールVeeam(ヴィーム)。ご存知の方も、そうでない方もVeeamの基本機能から最新機能まで余すことなくご紹介します。その中…

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

VMware仮想環境のバックアップと業務継続 」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「VMware仮想環境のバックアップと業務継続 」の記事の続きがお読みいただけます。


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50044794


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ