ビッグデータを利活用!新たなビジネス領域へ

IT・IT製品TOP > データ分析 > ビッグデータ > ビッグデータのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2012/08/10

ビッグデータを利活用!新たなビジネス領域へ


富士通


ビッグデータを利活用!新たなビジネス領域へのセミナー概要 ビッグデータを利活用!新たなビジネス領域への申込み



開催日時

2012年9月5日(水) 13:30〜16:30|申込み締切 2012年9月5日(水)
会  場 富士通トラステッド・クラウド・スクエア
東京都港区浜松町2-4-1世界貿易センタービル(受付30階)
「浜松町駅」より2階コンコースで直結

地図はこちら
参加費

無料
定 員

30名
こんな方にオススメ

全社スタッフ |製造・生産管理|営業・販売

会員限定で「ビッグデータを利活用!新たなビジネス領域へ」の続きが読めます

ビッグデータを利活用!新たなビジネス領域へ」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「ビッグデータを利活用!新たなビジネス領域へ」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「ビッグデータ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ビッグデータ」関連情報をランダムに表示しています。

「ビッグデータ」関連の製品

オープンソース・機械学習ツール 「RapidMiner」 【KSKアナリティクス】 16PBを超える保存データを保護、MasterCardに学ぶビッグデータセキュリティ戦略 【Cloudera】 顧客の情報を全方位で把握、マーケティングROIを最大化する統合データ基盤 【Cloudera】
ビッグデータ ビッグデータ ビッグデータ
ドラッグ&ドロップの操作で高度な分析を行えるノンプログラミングの機械学習ツール。120種類以上のアルゴリズムや分析モデルを標準装備し、多様なニーズに対応。 16PBを超える保存データを保護、MasterCardに学ぶビッグデータセキュリティ戦略 顧客の情報を全方位で把握、マーケティングROIを最大化する統合データ基盤

「ビッグデータ」関連の特集


 今回は前回(第2回)に引続き、第1回で紹介した総務省が2012年4月27日に開催した「情報通信審議…



純国産の大規模データ処理基盤「Jubatus」を紹介。HadoopやMapReduceとの違いはなに…



ERP製品を主軸に事業を展開するテクノスジャパンでは、データ分析を主に手がけるテクノスデータサイエン…


「ビッグデータ」関連のセミナー

ネットモニタリングによるコンプライアンスチェック方法と対応 【主催:ホットリンク/共催:戸田総合法律事務所】  

開催日 7月21日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

ソーシャルメディアの拡大とスマートフォンの普及に伴い、個人の情報発信が簡単に行えるようになり、各媒体がフェイクニュース対策に乗り出すなど、インターネット上には真…

ビッグデータ無料ハンズオンセミナー 【サイオステクノロジー】 締切間近 

開催日 7月26日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

クラウドを活用しながらビッグデータ分析基盤を作ってみませんか?ビッグデータ分析で実績の高い製品を実践で活用してみましょう。最近の市場動向に合わせて、セミナーのハ…

コンピュータビジョン×機械学習×AWSでセカイが変わる 1/3 【グローバルウォーカーズ】 締切間近 

開催日 7月24日(月)   開催地 東京都   参加費 無料

◆ コンピュータビジョン×機械学習×AWSで何ができる?元日立研究所 車載ステレオカメラ研究者の樋口 未来と、元AWSテクニカルエバンジェリストの堀内 康弘がお…

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

ビッグデータを利活用!新たなビジネス領域へ」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「ビッグデータを利活用!新たなビジネス領域へ」の記事の続きがお読みいただけます。



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50044741


IT・IT製品TOP > データ分析 > ビッグデータ > ビッグデータのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ