次世代SWテスト技術「テスト仮想化ソリューション」とは

IT・IT製品TOP > 開発 > テストツール > テストツールのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2012/07/18

次世代SWテスト技術「テスト仮想化ソリューション」とは


日本アイ・ビー・エム


次世代SWテスト技術「テスト仮想化ソリューション」とはのセミナー概要 次世代SWテスト技術「テスト仮想化ソリューション」とはの申込み



開催日時

2012年7月26日(木) 14:00〜16:30|申込み締切 2012年7月24日(火)
会  場 日本IBM 本社箱崎事業所内セミナールーム
東京都中央区日本橋箱崎町19-21

地図はこちら
参加費

無料
定 員

50名
こんな方にオススメ

情報システム部の統括 |その他|システムの設計・運用

会員限定で「次世代SWテスト技術「テスト仮想化ソリューション」とは」の続きが読めます

次世代SWテスト技術「テスト仮想化ソリューション」とは」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「次世代SWテスト技術「テスト仮想化ソリューション」とは」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「テストツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「テストツール」関連情報をランダムに表示しています。

「テストツール」関連の製品

開発のOSS利用における脆弱性リスクの可視化と管理、13万種のソフトの解析結果 【日本シノプシス】 アプリケーション開発サイクルにおけるテスト工程の効率化を実現する最適解 【CA Technologies】 ソフトやサービスの品質を担保する高度負荷テストのメリットとは? 【マイクロフォーカスエンタープライズ】
テストツール テストツール テストツール
開発のOSS利用における脆弱性リスクの可視化と管理、13万種のソフトの解析結果 アプリケーション開発サイクルにおけるテスト工程の効率化を実現する最適解 ソフトやサービスの品質を担保する高度負荷テストのメリットとは?

「テストツール」関連の特集


過去3年のシステムトラブルの原因、約6割が性能問題!?システム稼働後のトラブルで”負のコスト”を出さ…



 連載の前回、前々回では、脅威がどのように変化し、それに対抗するべくセキュリティ製品がどのように進化…



大規模基幹システムのWeb化やJ-SOX法によるシステム刷新が追い風となり、市場拡大傾向にある「テス…


「テストツール」関連のセミナー

FinTechやIoTで加速するAPI連携のAPIテスト自動化とAPI仮想化 【テクマトリックス】  

開催日 5月24日(木)   開催地 オンラインセミナー   参加費 無料

APIテスト、API仮想化の概要について解説し、実際のデモを交えてツールをご紹介します。APIのシナリオテストでは、JP1などのバッチ実行やDBの値の参照・検証…

Unified Functional Testing体験セミナー 【主催:アシスト】  

開催日 5月11日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

機能テストツール「Unified Functional Testing」の体験セミナーです。機能テストや、回帰テストにおける効率化、正確性の向上、短期化を実現し…

【SEC-W1】「C++test」オンラインセミナー(静的解析編) 【テクマトリックス】  

開催日 5月15日(火)   開催地 オンラインセミナー   参加費 無料

国内で6000ライセンス以上の導入実績を誇るC/C++言語対応テストツール「C++test」のオンラインセミナー(静的解析編)です。C++testの「コーディン…

「開発」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

次世代SWテスト技術「テスト仮想化ソリューション」とは」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「次世代SWテスト技術「テスト仮想化ソリューション」とは」の記事の続きがお読みいただけます。



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50044396


IT・IT製品TOP > 開発 > テストツール > テストツールのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ