紙文書電子化のポイントと文書管理活用術

IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > 文書管理 > 文書管理のITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2012/06/22

紙文書電子化のポイントと文書管理活用術


日本電気


紙文書電子化のポイントと文書管理活用術のセミナー概要 紙文書電子化のポイントと文書管理活用術の申込み



開催日時

2012年7月18日(水) 15:00〜17:00|申込み締切 2012年7月17日(火)
会  場 NEC本社ビル1F プラットフォームイノベーションセンター
東京都港区芝5-7-1
 ・JR田町駅 西口(三田側)より徒歩5分
 ・都営三田線・浅草線三田駅A8出口より徒歩1分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

20名
こんな方にオススメ

情報システム部の統括 |全社スタッフ

会員限定で「紙文書電子化のポイントと文書管理活用術」の続きが読めます

紙文書電子化のポイントと文書管理活用術」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「紙文書電子化のポイントと文書管理活用術」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「文書管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「文書管理」関連情報をランダムに表示しています。

「文書管理」関連の製品

企業の約80%が紙ベースで運用する社外ドキュメント、デジタル化がもたらす効果 【アドビ システムズ】 オープンソースECM「NemakiWare」 【イージフ】 エンタープライズコンテンツ管理システム Alfresco 【イージフ】
文書管理 文書管理 文書管理
企業の約80%が紙ベースで運用する社外ドキュメント、デジタル化がもたらす効果 CMISに完全準拠した国産オープンソースECM(文書管理)システム。ニーズにあわせて自由な拡張・連携が可能。ユーザもシステム管理者も使いやすい、シンプルなECM。 オープンソースによる本格的な文書管理/情報共有ツールであり、CMIS(コンテンツ管理システムの標準規格)に準拠。エンタープライズ規模に対応。

「文書管理」関連の特集


2013年度、139億円超となった文書管理ツール市場。今後、中堅・中小企業向けの実績拡大が期待される…



手軽に使えるモノからエンタープライズレベルのモノまで、機能レベル/価格帯とも充実のラインナップが用意…



 「e-文書法」をご存じだろうか。これはビジネスを行う上で必要な書類を電子化し、保存するための要件を…


「文書管理」関連のセミナー

機密文書漏えい対策セミナー 【NRIセキュアテクノロジーズ/デジタルアーツ】 締切間近 

開催日 1月26日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

近年、情報漏えいの問題がクローズアップされる中で様々なセキュリティ対策が登場しています。(暗号化、データの外部書き出し禁止、シンクライアント環境、操作ログ管理な…

Alfrescoではじめるコンテンツサービス活用 【リックソフト】  

開催日 2月7日(水)   開催地 オンラインセミナー   参加費 無料

業務プロセスやワークスタイルは複雑化しいるのに、ファイルを保存するファイルサーバ運用だけが変わらない。その影響として見えない業務工数の増大という悩みをもたれてい…

【東京開催】領収書、請求書などの電子化要件と成功事例 【大塚商会】 締切間近 

開催日 2月9日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

電子帳簿保存法スキャナ保存の要件緩和から2年が経過し、申請企業が急増中です。本セミナーは、東京国税局に国税専門官として採用後、情報技術専門官として電子帳簿保存法…

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

紙文書電子化のポイントと文書管理活用術」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「紙文書電子化のポイントと文書管理活用術」の記事の続きがお読みいただけます。



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50044103


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > 文書管理 > 文書管理のITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ