時代が求めるシステム運用管理セミナー

IT・IT製品TOP > 運用管理 > 統合運用管理 > 統合運用管理のITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2012/06/16

時代が求めるシステム運用管理セミナー


ネットアイキュー


時代が求めるシステム運用管理セミナーのセミナー概要 時代が求めるシステム運用管理セミナーの申込み



開催日時

2012年7月5日(木) 14:30〜16:30|申込み締切 2012年7月5日(木)
会  場 ネットアイキュー セミナールーム
東京都新宿区市谷本村町1-1 住友市ヶ谷ビル12階
JR・地下鉄 市ヶ谷駅 徒歩4分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

40名
こんな方にオススメ

情報システム部の統括 |経営者CIO|システムの設計・運用

会員限定で「時代が求めるシステム運用管理セミナー」の続きが読めます

時代が求めるシステム運用管理セミナー」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「時代が求めるシステム運用管理セミナー」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「統合運用管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「統合運用管理」関連情報をランダムに表示しています。

「統合運用管理」関連の製品

Senju DevOperation Conductor 【野村総合研究所】 統合監視ツール Integrated Viewer for Zabbix 【ヴィンクス】 IoTで製造現場の安全管理はどのように変わるのか? 【富士通】
統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理
「見やすく」「使いやすい」運用管理ツール。5つのサブシステムで構成され、システム全体の可視化と運用自動化を統一されたインターフェースで一元的に行える。 オープンソースの監視ツールとして高いシェアを誇る Zabbixに、ヴィンクスが独自の機能を追加。
オープン系、IBMi、クラウドなど、多種多様な環境を低コストで一元監視。
IoTで事故発生を迅速把握――製造現場の安全管理はどのように変わるのか?

「統合運用管理」関連の特集


統合運用管理ツールの導入率は全体で25.8%。今後導入を検討する企業では、セキュリティ強化も併せても…



マルチベンダ環境や年代モノまで、個性際立つシステム群の健全な運用を支えるならコレ!基礎から最新事情を…



企業システムの運用を影で支えるツールとして、今やあらゆる企業で必須の存在となった統合運用管理製品。長…


「統合運用管理」関連のセミナー

クラウドの『プライベート化』戦略 最前線 【ブロードバンドタワー】 注目 

開催日 3月8日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

本セミナーでは、自社の業務やビジネスに最適化した、真の意味で「プライベート化」されたインフラづくりをテーマに各界のトップエンジニアより最新テクノロジーの活用術を…

運用改善事例セミナー 【野村総合研究所】  

開催日 3月24日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

ITシステムは所有から利用への流れが加速しています。運用部隊においては、システムを受け入れて安定運用するという役割が更に深化し、より積極的なITサービスマネジメ…

Zabbixを中心としたクラウド+オンプレミス統合運用効率化 【オープンソース活用研究所/Zabbix Japan/SRA OSS/インフォコム/ヴィンクス/エクイニクス・ジャパン】  

開催日 3月8日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

【Zabbixのメリット】Zabbixは他のツールと柔軟に連携できる特徴を持ち、エコシステムを構築しながら、監視だけではなく統合運用全体の中核となりつつあります…

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

時代が求めるシステム運用管理セミナー」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「時代が求めるシステム運用管理セミナー」の記事の続きがお読みいただけます。


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50043998


IT・IT製品TOP > 運用管理 > 統合運用管理 > 統合運用管理のITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ