連結経営管理とサプライチェーン損益の可視化

IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 会計システム > 会計システムのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2012/06/13

連結経営管理とサプライチェーン損益の可視化


日立ソリューションズ


連結経営管理とサプライチェーン損益の可視化のセミナー概要 連結経営管理とサプライチェーン損益の可視化のプログラム 連結経営管理とサプライチェーン損益の可視化の申込み



開催日時

2012年7月11日(水) 14:00〜17:00|申込み締切 2012年7月9日(月)
会  場 JR品川イーストビル20F セミナールーム
東京都港区港南2-18-1 JR品川イーストビル20F
JR線・京浜急行線「品川駅」港南口直結

地図はこちら
参加費

無料
定 員

40名
こんな方にオススメ

経営者CIO |情報システム部の統括|製造・生産管理

会員限定で「連結経営管理とサプライチェーン損益の可視化」の続きが読めます

連結経営管理とサプライチェーン損益の可視化」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「連結経営管理とサプライチェーン損益の可視化」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「会計システム」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「会計システム」関連情報をランダムに表示しています。

「会計システム」関連の製品

資金流動性管理のベストプラクティス、グローバルで資金を“見える化”する方法 【キリバ・ジャパン】 経営基盤ソリューション SuperStream-NX 【日立システムズ】 MJSLINK NX-I 【ミロク情報サービス】
会計システム 会計システム 会計システム
資金流動性管理のベストプラクティス、グローバルで資金を“見える化”する方法 豊富な実績を誇る国産経営基盤ソリューション。会計・人事給与のシステムは個別導入が可能。また、経営分析ソリューションでリアルタイムに経営状況の可視化を実現する。 上場準備を支えた影に会計システムあり。きめ細かな訪問指導で問題も解決。

「会計システム」関連の特集


月末の経費精算…重要な処理だが、忙しい営業担当にとって“生産性のない時間”を取られるのは大きなストレ…



システム活用の目的として「管理会計の強化による経費の節減」などが重視される同市場。シェア23.9%で…



前回「黒字・赤字の理由がいえなければ社長失格」の最後に、社長さんに求められる模範回答を掲載しました。…


「会計システム」関連のセミナー

第8回SuperStream-COREから「NXシリーズ」への移行セミナー 【日立システムズ】 締切間近 

開催日 11月22日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

この度、日立システムズでは、SuperStream-COREをご利用中のお客さまを対象としたセミナーを開催します。本セミナーでは、SuperStream会計ソリ…

IT全般統制セミナー 【ITガバナンス研究機構】 締切間近 

開催日 11月24日(金)   開催地 東京都   参加費 有料 3万2400円(税込)

経産省の「システム管理基準 追補版(財務報告に係るIT統制ガイダンス)」を基に、具体例を織り交ぜながらリスクコントロールマトリクス(RCM)の作成を通して、効率…

IT全般統制セミナー 【ITガバナンス研究機構】  

開催日 1月26日(金)   開催地 東京都   参加費 有料 3万2400円(税込)

経産省の「システム管理基準 追補版(財務報告に係るIT統制ガイダンス)」を基に、具体例を織り交ぜながらリスクコントロールマトリクス(RCM)の作成を通して、効率…

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

連結経営管理とサプライチェーン損益の可視化」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「連結経営管理とサプライチェーン損益の可視化」の記事の続きがお読みいただけます。



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50043938


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 会計システム > 会計システムのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ