成長市場の「中国」の攻略方法を考える実践型セミナー

IT・IT製品TOP > 情報システム > CRM > CRMのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2012/05/25

成長市場の「中国」の攻略方法を考える実践型セミナー


グローブリンク/ランドスケイプ 共催


成長市場の「中国」の攻略方法を考える実践型セミナーのセミナー概要 成長市場の「中国」の攻略方法を考える実践型セミナーの申込み



開催日時

2012年6月22日(金)|申込み締切 2012年6月21日(木)
会  場 株式会社ランドスケイプ セミナールーム(新宿区 東京オペラシティ15階)
東京都新宿区西新宿3-20-2
京王新線「初台」駅 直結

地図はこちら
参加費

無料
定 員

40名
こんな方にオススメ

営業・販売 |経営者CIO|全社スタッフ

会員限定で「成長市場の「中国」の攻略方法を考える実践型セミナー」の続きが読めます

成長市場の「中国」の攻略方法を考える実践型セミナー」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「成長市場の「中国」の攻略方法を考える実践型セミナー」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「CRM」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「CRM」関連情報をランダムに表示しています。

「CRM」関連の製品

Microsoft Dynamics 365 Customer Engagement 【日立ソリューションズ】 優れた顧客体験を提供するための7つのベストプラクティス 【SAS Institute Japan】 デジタルマーケティングの鍵:アジャイル実践のための5つの要素 【SAS Institute Japan】
CRM CRM CRM
セールス、カスタマーサービス、フィールドサービス、ポータルなど、カスタマーエンゲージメントを高めるためのマイクロソフトのビジネスアプリケーション。 優れた顧客体験を提供するための7つのベストプラクティス 知っておくべきアジャイルマーケティング実践 5つのポイント

「CRM」関連の特集


コンタクトセンタにもクラウドの流れが押し寄せている。しかし、今、最も重視すべきは、ソーシャルメディア…



SNSなどの新たな顧客接点、音声通話データからのVOC自動収集、モバイルデバイスのマーケティング…今…



SFA、CTIなどのフロントオフィスの個別ソリューションとして始まったCRM。現在は失敗しない手法も…


「CRM」関連のセミナー

少人数で営業成果を上げる!メルマガ配信ツールセミナー 【ゾーホージャパン】  

開催日 9月7日(木),10月6日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

【セミナー概要】手軽に始められる新規顧客開拓、既存顧客との関係維持のための手法として、メールマガジン配信を代表とする顧客へのメール一括送信の仕組みは、多くの企業…

CRM Insight体験セミナー 【NTTデータ数理システム】  

開催日 10月3日(火),12月8日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

CRM Insightは、ブラウザ上で動作する手軽なCRM分析システムです。POSデータや会員データをサーバー上においておけば、クライアント側ではブラウザを起動…

点検・保守・修理作業員のための超速!報告書作成セミナー 【パナソニック インフォメーションシステムズ/G-Smart】  

開催日 10月13日(金)   開催地 大阪府   参加費 無料

点検・保守・修理業務では、作業依頼・手配〜作業完了、完了後の報告書作成〜承認まで、非常に多くの時間とコストを費やしています。未だに手書きの報告作 成も多くの現場…

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

成長市場の「中国」の攻略方法を考える実践型セミナー」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「成長市場の「中国」の攻略方法を考える実践型セミナー」の記事の続きがお読みいただけます。



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50043566


IT・IT製品TOP > 情報システム > CRM > CRMのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ