ビッグデータを利活用!新たなビジネス領域へ

IT・IT製品TOP > データ分析 > ビッグデータ > ビッグデータのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2012/05/19

ビッグデータを利活用!新たなビジネス領域へ


富士通


ビッグデータを利活用!新たなビジネス領域へのセミナー概要 ビッグデータを利活用!新たなビジネス領域への申込み



開催日時

2012年6月8日(金) 13:30〜16:30|申込み締切 2012年6月8日(金)
会  場 富士通トラステッド・クラウド・スクエア
東京都港区浜松町2-4-1世界貿易センタービル(受付30階)
「浜松町駅」より2階コンコースで直結

地図はこちら
参加費

無料
定 員

100名
こんな方にオススメ

全社スタッフ |製造・生産管理|営業・販売

会員限定で「ビッグデータを利活用!新たなビジネス領域へ」の続きが読めます

ビッグデータを利活用!新たなビジネス領域へ」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「ビッグデータを利活用!新たなビジネス領域へ」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「ビッグデータ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ビッグデータ」関連情報をランダムに表示しています。

「ビッグデータ」関連の製品

巨大化するデータに対抗できるサーバの姿とは 【日本アイ・ビー・エム】 オープンソース・データサイエンスツール 「RapidMiner」 【KSKアナリティクス】 ビッグデータを活用できる企業とできない企業の差はどこか 【クリックテック・ジャパン】
ビッグデータ ビッグデータ ビッグデータ
これまでの延長では追い付けない、巨大化するデータに対抗できるサーバの姿とは ドラッグ&ドロップの操作で高度な分析を行えるノンプログラミングのデータサイエンスツール。120種類以上のアルゴリズムや分析モデルを標準装備し、多様なニーズに対応。 ビッグデータを活用できる企業とできない企業の差はどこにあるのか?

「ビッグデータ」関連の特集


非常に大規模かつ複雑なデータの蓄積・分析。いわゆる“ビッグデータの活用”は企業に何をもたらすのか、導…



ビッグデータ活用の必要性を感じている企業は、まだまだごく一部にとどまる。そうした認識を持たれている方…



NTTデータは今年7月、社内のいろいろな部門やグループ会社に分散していたビッグデータ関連のケイパビリ…


「ビッグデータ」関連のセミナー

IoT時代のものづくり現場事例 ミニセミナー 【主催:フューチャーイン/協賛:ウイングアーク1st】  

開催日 1月27日(金)   開催地 愛知県   参加費 無料

ものづくりの現場でも「IoT(モノのインターネット接続)」「ビッグデータ」や「クラウド」という新たな単語が注目され、新しい模索をしている現場も多いと思います。こ…

世の中に無いモノを創り出す技術集団セブンドリーマーズの挑戦 【主催:足立区/共催:東京商工会議所足立支部/足立区しんきん協議会】  

開催日 1月26日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

講師セブン・ドリーマーズ・ラボラトリーズ 株式会社 代表取締役社長 理学博士 阪根信一さんポイント2011年、航空宇宙分野で培った技術力を基にシリコンバレーで創…

機械学習による予測とビジネスへの活用セミナー 【ブレインパッド】  

開催日 2月17日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

近年、国際情勢や国内の社会・経済情勢が大きく変化しており、不確実性が高い時代に入りつつあると言われています。国内の企業は、業界や業種を問わず、生き残りをかけた事…

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

ビッグデータを利活用!新たなビジネス領域へ」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「ビッグデータを利活用!新たなビジネス領域へ」の記事の続きがお読みいただけます。


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50043470


IT・IT製品TOP > データ分析 > ビッグデータ > ビッグデータのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ