IT・IT製品TOP > 運用管理 > 統合ログ管理 > 統合ログ管理のITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2012/05/11

事例でみる最新ログ活用セミナー


主催:インフォサイエンス/協賛:クラウド テクノロジーズ


事例でみる最新ログ活用セミナーのセミナー概要 事例でみる最新ログ活用セミナーのプログラム 事例でみる最新ログ活用セミナーの申込み



開催日時

2012年5月31日(木) 15:00〜16:30|申込み締切 2012年5月31日(木)
会  場 インフォサイエンスビル
東京都港区芝浦2丁目4番1号
JR田町駅東口より徒歩約 10分
都営浅草線 三田駅より徒歩約 10分
都営三田線 三田駅より徒歩約 10分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

20名
こんな方にオススメ

システムの設計・運用 |情報システム部の統括|ネットワークの設計・運用
参加者プレゼント
★「突LOG for Logstorage」つきあわせ無料サービス★

会員限定で「事例でみる最新ログ活用セミナー」の続きが読めます

事例でみる最新ログ活用セミナー」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「事例でみる最新ログ活用セミナー」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「統合ログ管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「統合ログ管理」関連情報をランダムに表示しています。

「統合ログ管理」関連の製品

Logstorage(ログストレージ) 【インフォサイエンス】 企業が対応すべき「20のセキュリティコントロール」とは? 【Splunk Services Japan】 EU「一般データ保護規則」(GDPR)対策の遅れを短期間で取り戻す方法 【Splunk Services Japan】
統合ログ管理 統合ログ管理 統合ログ管理
企業内やクラウド上に分散するITシステムのログデータを自動収集、統合管理することにより、セキュリティ対策、運用負荷の軽減を実現する純国産の統合ログ管理製品。 企業が対応すべき「20のセキュリティコントロール」とは? EU「一般データ保護規則」(GDPR)対策の遅れを短期間で取り戻す方法

「統合ログ管理」関連の特集


不測の事態に備えて保管するログを統合的に管理し役立つものに変える「統合ログ管理ツール」の基礎から活用…



はじめまして。吉政創成の吉政でございます。昨年は日経新聞の朝刊に自分のコメントが出たり、世界的な起業…



2010年度の出荷金額が40億円となり、前年対比10.5%増となった「統合ログ管理ツール」市場。同製…


「統合ログ管理」関連のセミナー

標的型攻撃対策の見直しポイント発見セミナー 【主催:アシスト 】  

開催日 8月2日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

巧妙化する標的型攻撃には、マルウェア侵入を前提とした多層防御が必要です。多層防御には、何を実施し何を実施しないかの取捨選択が常に必要となります。本セミナーでは、…

標的型攻撃対策の見直しポイント発見セミナー 【主催:アシスト 】  

開催日 7月5日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

巧妙化する標的型攻撃には、マルウェア侵入を前提とした多層防御が必要です。多層防御には、何を実施し何を実施しないかの取捨選択が常に必要となります。本セミナーでは、…

標的型攻撃対策の見直しポイント発見セミナー 【主催:アシスト 】  

開催日 5月17日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

巧妙化する標的型攻撃には、マルウェア侵入を前提とした多層防御が必要です。多層防御には、何を実施し何を実施しないかの取捨選択が常に必要となります。本セミナーでは、…

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

事例でみる最新ログ活用セミナー」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「事例でみる最新ログ活用セミナー」の記事の続きがお読みいただけます。



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50043359


IT・IT製品TOP > 運用管理 > 統合ログ管理 > 統合ログ管理のITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ