IT・IT製品TOP > 基幹系システム > EAI > EAIのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2012/05/17

BPM最前線!2012


日本アイ・ビー・エム


BPM最前線!2012のセミナー概要 BPM最前線!2012の申込み



開催日時

2012年5月24日(木) 10:00〜17:30|申込み締切 2012年5月23日(水)
会  場 日本アイ・ビー・エム 本社事業所(箱崎)
東京都中央区日本橋箱崎町19-21
地下鉄東西線/日比谷線 茅場町駅 4番b出口 徒歩7分
地下鉄半蔵門線 水天宮前駅 2番出口 徒歩3分
地下鉄日比谷線 人形町駅 1番出口 徒歩12分
地下鉄都営浅草線 人形町駅 2番出口 徒歩12分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

200名
こんな方にオススメ

システムの設計・運用 |製造・生産管理|その他

会員限定で「BPM最前線!2012」の続きが読めます

BPM最前線!2012」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「BPM最前線!2012」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「EAI」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「EAI」関連情報をランダムに表示しています。

「EAI」関連の製品

データ連携ミドルウェア 「ASTERIA WARP」 【インフォテリア】 システム間データ連携ソリューション 「DataSpider Servista」 【セゾン情報システムズ】 データ加工・変換ツール 「DataMagic」 【セゾン情報システムズ】
EAI EAI EAI
企業内の様々なデータをノン・プログラミングで高速・簡単に連携するデータ連携ミドルウェア。
5,000社以上への導入実績を持ち、9年連続国内シェアNo.1を獲得。
企業内に散在するデータを活用し、素早く簡単に目的とする処理サービスを作るソフトウェア
●プログラミング不要
●開発支援機能、多彩な連携機能、豊富な運用支援機能装備
膨大なデータのフォーマット変換、必要なデータの抽出・DBへの格納など、業務に必要なデータ変換をノンプログラミング・低コストで実現するデータ加工・変換ツール

「EAI」関連の特集


 ITを駆使して新たな金融サービスを生み出そうとする“FinTech”。今この分野で大きな注目を集め…



企業内にばらばらに点在しているシステム同士を相互に連携させるEAI。現在、Webサービス、SOAなど…



今のことだけを考えて製品導入…数年後に大後悔…なんてことにならないように、導入前の製品選択ポイントを…


「EAI」関連のセミナー

半日で体感!アシストが誇るデータ連携基盤製品のすべて 【アシスト】  

開催日 7月21日(金)   開催地 大阪府   参加費 無料

ExcelとマスタDB、クラウド環境とオンプレミス環境、オープン環境とレガシー環境のデータ連携や、基幹システムからDWH・データレイクへの大量データ連携など、昨…

奉行ユーザのためのkintoneフル活用セミナー 【日本電通】  

開催日 6月15日(木),7月12日(水),8月9日(水)   開催地 大阪府   参加費 無料

奉行シリーズの“汎用データ受入”を最大限活用しましょう!OBCの奉行i10/V ERP10 シリーズと他システムへのデータ連携をノンプログラミングでダイレクトに…

ハンズオンで学ぶはじめてのデータ変換 【データ・アプリケーション】  

開催日 7月12日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

企業には様々な業務システムが存在し、そのデータの連携や加工のために、データ変換プログラムが個別に開発され複雑化し、属人性も高く、品質も均一でないためメンテナンス…

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

BPM最前線!2012」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「BPM最前線!2012」の記事の続きがお読みいただけます。


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50043324


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > EAI > EAIのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ