IT・IT製品TOP > データ分析 > BI > BIのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 近畿 > 大阪府 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2012/05/09

QlikViewハンズオンセミナー


アシスト


QlikViewハンズオンセミナーのセミナー概要 QlikViewハンズオンセミナーの申込み



開催日時

2012年6月20日(水) 13:30〜17:00|申込み締切 2012年6月18日(月)
会  場 梅田センタービル28階 株式会社アシスト 西日本支社 セミナールーム
大阪府大阪市北区中崎西2-4-12 
阪急/阪神/地下鉄 梅田駅より徒歩7分
または
JR大阪駅より徒歩10分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

12名
こんな方にオススメ

情報システム部の統括 |経営者CIO|システムの設計・運用

会員限定で「QlikViewハンズオンセミナー」の続きが読めます

QlikViewハンズオンセミナー」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「QlikViewハンズオンセミナー」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「BI」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「BI」関連情報をランダムに表示しています。

「BI」関連の製品

クラウドBIダッシュボード MotionBoard Cloud 【ウイングアーク1st】 Webレポーティングソリューション 「CROWNIX Report & ERS」 【日本エムツーソフト】 ナレッジ共有型BIツール「Data Knowledge」 【クロスユーアイエス】
BI BI BI
様々なデータソースからの情報を一元的に可視化するクラウド型BIツール。リアルタイムで自動集計されるデータを分かりやく可視化し、経営や現場の意思決定に活用できる。 業務帳票、管理帳票から半定型分析レポートまでカバーする出力ツール。DB環境は問わず、様々なデータソースと連携できBIツールのような検索・抽出も可能。出力形式も多様。 簡単操作でDBからデータを抽出し、集計・加工・出力処理できる「全社員のデータ活用を実現するため」のBIツール。ナレッジ/情報共有機能など、現場で役立つ機能を搭載。

「BI」関連の特集


大企業から中堅中小企業まで幅広い製品ラインナップが揃った「BIツール」。最適な製品を選択するにはどん…



利用するには専門の知識が必要だと思われていたBIツール。最近ではネット検索するように、簡単に使えるツ…



2015年は263億円の市場規模だった同市場。データの蓄積と分析とのソリューション提供に注力する占有…


「BI」関連のセミナー

リテール業界の最新データ活用事例セミナー 【ウイングアーク1st】 締切間近 

開催日 2月22日(水)   開催地 大阪府   参加費 無料

時代の変化とともに、小売業を取り巻く環境も変化しており、まさに今、どのように情報活用を行っていくべきか課題意識をもたれている企業の方も多いのではないでしょうか。…

第71回事例研究フォーラム 【ティーピクス研究所/アイエルアイ総合研究所】  

開催日 3月3日(金)   開催地 愛知県   参加費 無料

Excelをプラットフォームとしたデータベースシステム構築ユーザ事例の紹介セミナーです。Excelと『StiLL』とDBを使って実際に開発されたシステムの事例発…

Cloud解析 powered by Tableau ハンズオンセミナー 【JBCC】 締切間近 

開催日 2月27日(月)   開催地 東京都   参加費 無料

ビジネスにおいて欠かせないものになった、データ解析。「Cloud解析 powered by Tableau」を利用して、レポート作成における膨大な時間や工数を削…

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

QlikViewハンズオンセミナー」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「QlikViewハンズオンセミナー」の記事の続きがお読みいただけます。


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50043289


IT・IT製品TOP > データ分析 > BI > BIのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ