クラウド時代に必要なシステム管理・運用とは

IT・IT製品TOP > 運用管理 > 統合運用管理 > 統合運用管理のITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 中部・北陸 > 愛知県 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2012/05/08

クラウド時代に必要なシステム管理・運用とは


主催:日立製作所/共催:日立システムズ  


クラウド時代に必要なシステム管理・運用とはのセミナー概要 クラウド時代に必要なシステム管理・運用とはのプログラム クラウド時代に必要なシステム管理・運用とはの申込み



開催日時

2012年6月6日(水) 15:30〜17:00|申込み締切 2012年6月4日(月)
会  場 Harmonious Cloud Square 名古屋 (株式会社日立システムズ 中部支社内)
愛知県名古屋市中区栄1-24-15 JPR名古屋伏見ビル 9F
地下鉄東山線伏見駅6番出口徒歩9分、地下鉄鶴舞線大須観音駅4番出口徒歩4分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

30名
こんな方にオススメ

システムの設計・運用 |情報システム部の統括|経営者CIO
参加者プレゼント
ご参加いただいた皆さまへ『JP1によるシステム監視の実践ノウハウ』と粗品をプレゼント!


セミナー概要

昨今、クラウドは、新規ビジネスから開発業務、大規模な基幹業務まで、幅広い分野・用途への導入が進んでいます。一方、企業内の各部門に散在するサーバの集約・仮想化により、複雑化したシステムの運用管理に課題を抱えている企業も多いのではないでしょうか。
今後は、外部のクラウドサービスの利用、企業内におけるシステム運用 (プライベートクラウド)の混在が必然となり、それらを含めた企業システム全体の最適化を進めることが更に重要になってきます。
本セミナーでは、企業システム最適化へのアプローチとして、企業内で運用するシステムの管理について、その課題を解決し、効率的な運用を実現するポイントを事例を交えて分かりやすく紹介いたします。


詳しくはこちらをご覧下さい。

このページの先頭へ


プログラム

2012/06/06
15:30〜16:00

クラウド活用の進展とシステム管理のあり方

クラウドの活用は、新規ビジネスから基幹業務まで幅広い分野・用途へ広がっています。本セッションでは、既に多くのお客さまのビジネスを支えている日立のクラウドソリューションを事例を交えて紹介します。また、企業システム全体の最適化が求められる中、特に課題となる企業内で運用するシステム管理のポイントについても説明します。
講師 小川 秀樹
株式会社 日立製作所 ITサービス事業部 クラウド事業推進部
担当部長
2012/06/06
16:10〜16:40

仮想・クラウド環境における課題と解決

企業システムにおいてはサーバ、ストレージの仮想化やクラウドサービスの利用により、システムが多様化しています。その結果、運用管理の複雑さが増しており、運用効率を向上させることが重要なポイントとなっています。
本セッションでは、「構築」、「運用」、「監視」という3つの観点から、最新のJP1を使って効率よくシステムを活用する方法について紹介します。
講師 坂川 博昭
株式会社 日立製作所 ITプラットフォーム事業本部 ITマネジメントソリューション開発部 
主任技師

このページの先頭へ


申込み


このセミナーはすでに終了しています。



掲載企業


株式会社日立製作所
住 所 : 品川区南大井6丁目26番3号
TEL : 03-5471-3967
e-mail : event-cloud@ml.itg.hitachi.co.jp
URL : http://www.hitachi.co.jp/products/it/harmonious/cloud/


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50043272


IT・IT製品TOP > 運用管理 > 統合運用管理 > 統合運用管理のITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ