【ビッグデータ】ビジネス課題解決へのアプローチ

IT・IT製品TOP > データ分析 > ビッグデータ > ビッグデータのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2012/04/24

【ビッグデータ】ビジネス課題解決へのアプローチ


日立製作所


【ビッグデータ】ビジネス課題解決へのアプローチのセミナー概要 【ビッグデータ】ビジネス課題解決へのアプローチの申込み



開催日時

2012年5月31日(木)|申込み締切 2012年5月29日(火)
会  場 品川イーストワンタワー13Fハーモニアス・コンピテンス・センター
東京都港区港南2-16-1
※JR品川駅・中央改札口より徒歩約4分
 京浜急行品川駅・高輪口より徒歩約5分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

30名
こんな方にオススメ

システムの設計・運用 |情報システム部の統括|プログラマ

会員限定で「【ビッグデータ】ビジネス課題解決へのアプローチ」の続きが読めます

【ビッグデータ】ビジネス課題解決へのアプローチ」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「【ビッグデータ】ビジネス課題解決へのアプローチ」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「ビッグデータ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ビッグデータ」関連情報をランダムに表示しています。

「ビッグデータ」関連の製品

顧客の情報を全方位で把握、マーケティングROIを最大化する統合データ基盤 【Cloudera】 IoT時代のビジネスを加速するビッグデータ基盤の課題と解決策 【日本ヒューレット・パッカード】 オープンソース・機械学習ツール 「RapidMiner」 【KSKアナリティクス】
ビッグデータ ビッグデータ ビッグデータ
顧客の情報を全方位で把握、マーケティングROIを最大化する統合データ基盤 IoT時代のビジネスを加速するビッグデータ基盤の課題と解決策 ドラッグ&ドロップの操作で高度な分析を行えるノンプログラミングの機械学習ツール。120種類以上のアルゴリズムや分析モデルを標準装備し、多様なニーズに対応。

「ビッグデータ」関連の特集


幅広いビジネス情報コンテンツ/データベースを提供しているジー・サーチでは、データ分析サービスにも注力…



いろいろな企業がAIを活用して付加価値の高いた商品やサービスを開発し始めている。いまから、自社で機械…



既にクラウド上で大規模データ高速分析基盤を提供済みのIIJが、スタートアップの支援を目的とした「II…


「ビッグデータ」関連のセミナー

製造業セミナー 〜SCMをつなげる生産計画〜 【セイノー情報サービス】 締切間近 

開催日 8月23日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

日本経済の景気は緩やかな回復が見られるものの、国内製造業を取り巻く環境は原材料・人件費の高騰など年々厳しさを増しています。このような中、各企業はニーズにあった商…

ビッグデータ時代の予測分析〜データ分析のポイントを学ぶ〜 【主催 日立ソリューションズ東日本】  

開催日 9月19日(火)   開催地 神奈川県   参加費 無料

ビッグデータ時代の予測分析をワークショップ形式で学ぶ!人工知能で何ができる?最新の技術トレンドとは?ビッグデータの活用は、今、人工知能の活用が進んでいます最新ト…

HPEストレージフォーラム 2017 【日本ヒューレット・パッカード】  

開催日 10月19日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

2020年には、世界で生成されるデータ量が44ゼタバイトに達すると予測されています。スマホやセンサーが生み出すデータが指数関数的に増加するとみられているからです…

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

【ビッグデータ】ビジネス課題解決へのアプローチ」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「【ビッグデータ】ビジネス課題解決へのアプローチ」の記事の続きがお読みいただけます。



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50043078


IT・IT製品TOP > データ分析 > ビッグデータ > ビッグデータのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ