IT・IT製品TOP > データ分析 > ビッグデータ > ビッグデータのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2012/03/16

"ビッグデータ"時代のBIフォーラム


NTTデータ/MicroStrategy


"ビッグデータ"時代のBIフォーラムのセミナー概要 "ビッグデータ"時代のBIフォーラムの申込み



開催日時

2012年4月13日(金) 15:00〜18:00|申込み締切 2012年4月11日(水)
会  場 豊洲フロント 2F INFORIUM (NTTデータショールーム)
東京都江東区豊洲3-2-20
有楽町線・ゆりかもめ線 豊洲駅より徒歩2分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

100名
こんな方にオススメ

情報システム部の統括 |システムの設計・運用|その他

会員限定で「"ビッグデータ"時代のBIフォーラム」の続きが読めます

"ビッグデータ"時代のBIフォーラム」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「"ビッグデータ"時代のBIフォーラム」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「ビッグデータ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ビッグデータ」関連情報をランダムに表示しています。

「ビッグデータ」関連の製品

AI、IoT活用を見据えたクラウド基盤の3つの条件 デジタル変革の実現方法とは? 【NTTコミュニケーションズ+他】 SAS Event Stream Processing 【SAS Institute Japan】 GDPRを学ぶ3つのユースケースと、マシンデータから得られる知見の活用法 【Splunk Services Japan】
ビッグデータ ビッグデータ ビッグデータ
AI、IoT活用を見据えたクラウド基盤の3つの条件 デジタル変革の実現方法とは? IoTの次なる活用法――データストリームのリアルタイム分析とは? GDPRを学ぶ3つのユースケースと、マシンデータから得られる知見の活用法

「ビッグデータ」関連の特集


ビッグデータ利活用は「多額のシステム投資」「マーケティングやデータ分析の専門家」が必要といった点で、…



 スマートフォンが普及し、いつでもどこでもインターネットに接続が可能となると、それぞれの利用者が「収…



NTTデータは今年7月、社内のいろいろな部門やグループ会社に分散していたビッグデータ関連のケイパビリ…


「ビッグデータ」関連のセミナー

事例と最新動向から考える GPUで切り拓く 未来とビジネス 【NTTコミュニケーションズ/エヌ・ティ・ティピー・シーコミュニケーションズ】 締切間近 

開催日 2月27日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

3Dグラフィックスを高速に描画するデバイスとして発明されたGPUは、いまや汎用的なアクセラレータに発展し、AI、HPC、VR、自動運転などさまざまなビジネスで広…

LMS-GLOBAL「新製品発表」セミナー 【セイノー情報サービス】 締切間近 

開催日 2月23日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

ビジネスのグローバル化が進展する中、国を越えた複数企業間におけるサプライチェーンが複雑化しております。そのため各地に散在する在庫やトラッキングの情報の可視化や統…

Japan IT Week 関西 2018 セミナー 【主催者:リード エグジビション ジャパン】 締切間近 

開催日 2月21日(水)〜2月23日(金)   開催地 大阪府   参加費 無料

【Japan IT Week 関西 2018 セミナー】Japan IT Week 関西 2018とは、320社が出展する関西最大*のIT専門展です。いま話題の…

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

"ビッグデータ"時代のBIフォーラム」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「"ビッグデータ"時代のBIフォーラム」の記事の続きがお読みいただけます。



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50042651


IT・IT製品TOP > データ分析 > ビッグデータ > ビッグデータのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ