大阪ガス事例と最新トレンドに見るデータ利活用の秘訣

IT・IT製品TOP > データ分析 > BA > BAのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 近畿 > 大阪府 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2012/01/27

大阪ガス事例と最新トレンドに見るデータ利活用の秘訣


オージス総研


大阪ガス事例と最新トレンドに見るデータ利活用の秘訣のセミナー概要 大阪ガス事例と最新トレンドに見るデータ利活用の秘訣のプログラム 大阪ガス事例と最新トレンドに見るデータ利活用の秘訣の申込み



開催日時

2012年2月22日(水) 14:00〜17:00|申込み締切 2012年2月21日(火)
会  場 アーバネックス備後町ビル3Fホール(大阪 本町)
大阪府大阪市中央区備後町3丁目6-14
大阪市営地下鉄「本町」駅徒歩2分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

30名
こんな方にオススメ

情報システム部の統括 |システムの設計・運用|全社スタッフ


セミナー概要

実体験で語る!意思決定のためのデータ利活用に必要なポイント


昨今のように事業環境が大きく変化し続けている状況においては、データ利活用による収益向上や業務改善は、どの企業様におかれましても喫緊の問題になっています。
しかしながら、その多くが技術的な課題やアプローチの難しさから、第一歩を踏み出せていないのが現状です。
一方、データ利活用を始めている企業様におかれましても、「分析結果や指標をどう経営や事業に活用すればいいか分からない」「思い描いたようなデータ利活用レベルに到達できていない」など、導入後に課題を抱えておられることが少なくありません。
本セミナーでは“業界第一人者の講師による初期のデータ活用から最新のトレンド”をはじめとして、大阪ガス様でのデータ活用基盤導入事例、可視化によるデータ利活用のポイントをご紹介いたします。
様々な切り口による具体的な講演内容により、データ利活用において参加者の皆様が一歩前に進んでいただけるヒントを得ていただけるものとなっております。この機会に是非ご聴講下さい。


詳しくはこちらをご覧下さい。

このページの先頭へ


プログラム

2012/02/22
14:05〜14:45

BI/BAの変遷と最新トレンド

クラウド、OSS、ビッグデータなどのメガトレンドに影響を受けて、BI/BAの分野でも様々な変化が生じていますが、その方向性を理解するためには、過去のBI/BAの歴史を知ることも重要です。
このセッションでは、黎明期から最近までのBI/BAの変遷を振り返った上で、昨今のメガトレンドにより発生しているBI/BAの最新状況を説明します。

【略歴】 DEC(現hp)、コグノス(現IBM)、日本オラクルを経て現職。一貫してソフトウェア製品の開発、マーケティング、導入コンサルティングを歴任。特に、データウェアハウス、BI(ビジネスインテリジェンス)、OLAPを得意分野とする。
講師 平井 明夫 氏
株式会社アイエイエフコンサルティング
マーケティングディレクター
2012/02/22
14:55〜15:10

データ活用に対するオージス総研の考え方(OGIS-BA)

データ活用のトレンドを受けて、オージス総研が考える2つのアプローチ(全社的なデータ活用/クイック見える化)についてご紹介いたします。
講師 秋月 浩明
株式会社オージス総研
ビジネスソリューション第一部 部長
2012/02/22
15:10〜15:50

フェージングによる大阪ガス様データ活用事例の紹介

大阪ガス様はビジネス環境の変化、先行きの不透明性を踏まえた経営ビジョンの中で、重点実施項目としてスマートワークに取り組まれており、その取り組みを支えるものとして、全社的なデータ活用活動“DUSH”を推進されています。本活動は基盤構築が完了しており、現在全社的なデータ活用が加速しています。今回は事例をより分かりやすくご紹介するために、本活動をフェージングし、取組み規模に依らないポイントをIT側に軸足を置いて抽出しました。データ活用の勘所を事例ベースでご紹介いたします。
講師 小林 祐介
株式会社オージス総研
ビジネスソリューション第一部 ITコンサルタント DUSH活動 リーダー
2012/02/22
16:00〜16:50

データ利活用環境における“見える化”の有効性 〜モデルベースBAによるデータ利活用環境の実現〜

昨今のように外部環境の変化が激しい状況において、企業の意思決定に必要な情報量も猛烈な速度で増え続けています。そんな中で、効果的かつ効率的なデータ利活用を実施していくためには、「意思決定のためには、何を見るべきなのか?」「見る対象はシステムのどこにあるのか?」などを、明確に“見える化”することが必要です。
本セッションでは、オージス総研のBA“見える化”ソリューションである「モデルベースBA」のご紹介をシナリオデモを通して行い、データ利活用に向けた具体的な解決策をご紹介いたします。
講師 藤本 正樹
株式会社オージス総研
エンタープライズソリューション第二部 ITコンサルタント

このページの先頭へ


申込み


このセミナーはすでに終了しています。



掲載企業


株式会社オージス総研
住 所 : 大阪府豊中市新千里西町1-2-1
TEL : 06-6871-8054
FAX : 06-6871-8085
e-mail : info@ogis-ri.co.jp
URL : http://www.ogis-ri.co.jp/


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50041974


IT・IT製品TOP > データ分析 > BA > BAのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ