IT・IT製品TOP > データ分析 > BI > BIのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 近畿 > 大阪府 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2012/01/21

経営情報活用セミナー(大阪)


主催:電通国際情報サービス 共催:TIS 協賛:日本マイクロソフト


経営情報活用セミナー(大阪)のセミナー概要 経営情報活用セミナー(大阪)のプログラム 経営情報活用セミナー(大阪)の申込み



開催日時

2012年2月9日(木) 14:30〜17:05|申込み締切 2012年2月9日(木)
会  場 電通国際情報サービス (大阪)
大阪府大阪市北区堂島浜2-2-28 堂島アクシスビル内
京阪中之島線渡辺橋駅 徒歩3分、JR大阪駅 徒歩12分、 JR北新地駅 徒歩8分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

30名
こんな方にオススメ

経営者CIO |情報システム部の統括|全社スタッフ

会員限定で「経営情報活用セミナー(大阪)」の続きが読めます

経営情報活用セミナー(大阪)」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「経営情報活用セミナー(大阪)」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「BI」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「BI」関連情報をランダムに表示しています。

「BI」関連の製品

誰でも簡単にデータ分析できるBIツール「Actionista!」 【ジャストシステム】 OpenText Big Data Analytics 【オープンテキスト】 オールインワンBIツール Actionista! 【ジャストシステム】
BI BI BI
“かんたん、きれい、分かりやすい”
「誰でも分析」を実現するオールインワンBIツール。誰でも簡単に本格的な分析が行え、分析結果を組織内で自由に共有することが可能。
高パフォーマンスを特長とするセルフサービス型BI。新たなデータソースも容易に統合し分析可能。莫大な非構造化データも瞬時に解析し、ビジュアルな結果をユーザに返す。 “かんたん、きれい、わかりやすい”
「誰でも分析」を実現するオールインワンBIツール。誰でも簡単に本格的な分析が行え、分析結果を組織内で自由に共有することができる。

「BI」関連の特集


復号時に読み取られることを回避すべく暗号化したままデータ分類を行う「暗号化データマイニング」が登場!…



ERP製品の動向に影響を受けるBIツール市場。自社ERP製品向けの需要が拡大しシェア32.9%を獲得…



 今回は「ビッグデータ」が量的にどれくらい伸びているのか?また、その中でも急激な伸びを示しているデー…


「BI」関連のセミナー

リテール業界の最新データ活用事例セミナー 【ウイングアーク1st】 注目 

開催日 2月22日(水)   開催地 大阪府   参加費 無料

時代の変化とともに、小売業を取り巻く環境も変化しており、まさに今、どのように情報活用を行っていくべきか課題意識をもたれている企業の方も多いのではないでしょうか。…

BIツールを活用!「DragonFly BI」使い方 無料セミナー 【グレープシティ】  

開催日 3月17日(金)   開催地 埼玉県   参加費 無料

セルフサービスBIツール「DragonFly BI(ドラゴンフライ ビーアイ)」はシンプルな操作と機能で、Excel感覚で利用できます。 本セミナーでは実際に、…

マイクロストラテジー・アナリティクス・アーキテクチャ説明会 【マイクロストラテジー・ジャパン】  

開催日 3月17日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

現場で活躍する弊社エンジニアがMicroStrategy製品の機能を包括的にご紹介するハンズオン体験つきのセミナーです。本セミナーでは、多様な分析要件に対応する…

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

経営情報活用セミナー(大阪)」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「経営情報活用セミナー(大阪)」の記事の続きがお読みいただけます。


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50041886


IT・IT製品TOP > データ分析 > BI > BIのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ