SSOとID管理が必ず理解出来る統合認証基盤セミナー

IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 認証 > 認証のITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2012/01/19

SSOとID管理が必ず理解出来る統合認証基盤セミナー


野村総合研究所


SSOとID管理が必ず理解出来る統合認証基盤セミナーのセミナー概要 SSOとID管理が必ず理解出来る統合認証基盤セミナーのプログラム SSOとID管理が必ず理解出来る統合認証基盤セミナーの申込み



開催日時

2012年2月2日(木) 17:00〜18:00|申込み締切 2012年2月2日(木)
会  場 丸の内北口ビル 野村総合研究所 丸の内総合センター 8F
東京都千代田区丸の内1-6-5 
JR東京駅 丸の内北口より徒歩2分、地下鉄丸の内線 東京駅 徒歩3分、
ほか 地下鉄各線 大手町駅 徒歩2〜7分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

20名
こんな方にオススメ

経営者CIO |情報システム部の統括|システムの設計・運用

会員限定で「SSOとID管理が必ず理解出来る統合認証基盤セミナー」の続きが読めます

SSOとID管理が必ず理解出来る統合認証基盤セミナー」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「SSOとID管理が必ず理解出来る統合認証基盤セミナー」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「認証」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「認証」関連情報をランダムに表示しています。

「認証」関連の製品

RADIUS認証・アカウント管理アプライアンス Account@Adapter+ 【エイチ・シー・ネットワークス】 クラウドセキュリティ対策をワークフローで整理、弱点を補完するCASBの使い方 【シマンテック】 多要素認証基盤「IceWall MFA」 【日本ヒューレット・パッカード】
認証 認証 認証
ネットワーク認証に関わる機能を網羅した認証アプライアンス製品。Web/MAC/IEEE802.1X認証に対応、CA局、DHCPサーバ、外部LDAP/AD参照、アカウント申請機能をサポート。 クラウドセキュリティ対策をワークフローで整理、弱点を補完するCASBの使い方 Webアプリやクラウドサービス、リモートからのVDI接続など、さまざまなシステム利用時のログインをアプリ改修なしで多要素認証化できるソフトウェア製品。

「認証」関連の特集


被害が増加しているフィッシング詐欺!その対策に、いよいよサービス提供者側が動き出しました!その試みの…



今回ピックアップするのはバイオメトリクス認証ツール。最近は、個人ごとに固有の身体の部位で認証を行なう…



農作物のトレーサビリティを、タグを付けることなく実現する「アグリバイオメトリクス」。産地の偽装問題も…


「認証」関連のセミナー

企業における情報漏えい対策最前線 【主催:ネクスト・セキュリティ/共催: ラック/レノボ・エンタープライズ・ソリューション】  

開催日 11月15日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

企業が取り扱う個人情報の重要性が増し、その取り扱いがビジネス遂行に直結する状況は今後さらに進んでいくと思われます。このような状況を踏まえ、ネクスト・セキュリティ…

iOSコンソーシアム生体認証セミナー 【iOSコンソーシアム】  

開催日 11月14日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

日本における生体認証は全世界の4%弱と推測されており、ITの規模と比較するとまだまだといった状況です。2020年の東京オリンピックに向けてITの規模水準に需要が…

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

SSOとID管理が必ず理解出来る統合認証基盤セミナー」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「SSOとID管理が必ず理解出来る統合認証基盤セミナー」の記事の続きがお読みいただけます。



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50041836


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 認証 > 認証のITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ