IT・IT製品TOP > データ分析 > BI > BIのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2011/12/28

Pentaho in Action トレーニング


KSKソリューションズ


Pentaho in Action トレーニングのセミナー概要 Pentaho in Action トレーニングの申込み



開催日時

2012年2月9日(木)〜2012年2月10日(金) 10:00〜18:00|申込み締切 2012年2月6日(月)
会  場 東新橋ビル2F Katana Officeセミナールーム
東京都港区東新橋2-10-10
JR新橋駅(烏森口出口)地下鉄浅草線・銀座線徒歩約8分

参加費

有料 10万5000円(税込)
定 員

5名
こんな方にオススメ

システムの設計・運用 |情報システム部の統括|営業・販売

会員限定で「Pentaho in Action トレーニング」の続きが読めます

Pentaho in Action トレーニング」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「Pentaho in Action トレーニング」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「BI」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「BI」関連情報をランダムに表示しています。

「BI」関連の製品

MotionBoard 【ウイングアーク1st】 Dr.Sum EA 【ウイングアーク1st】 オープンソースBI「Pentaho」 【KSKアナリティクス】
BI BI BI
複数のデータソースからの情報を、一元的に可視化するダッシュボード製品。誰でも使える分かりやすさを備え、モバイル対応でリアルタイムに情報を集計・分析できる。 企業システムに蓄積されたデータを部門間や全社規模で集計分析。
Excelやブラウザを用いて、自由な集計分析を実現する多次元高速集計検索エンジン。
大規模エンタープライズクラスはもちろん、小規模導入にも対応したオープンソースBI/BAツール。サブスクリプションモデルの料金体系により、低コストでの導入/運用が可能。

「BI」関連の特集


産学官で推進するジャパン・クラウド・コンソーシアムにM2M・ビッグデータWGが設立。M2M(Mach…



ERP製品の動向に影響を受けるBIツール市場。自社ERP製品向けの需要が拡大しシェア32.9%を獲得…



BIって難しいモノで、専門の人しか触れないと思っていませんか?それは大きな間違いなんです!ぜひココで…


「BI」関連のセミナー

Qlik バーチャルイベント■ 2017年:データリテラシーの年■ 【主催 クリックテック・ジャパン】 締切間近 

開催日 4月4日(火)   開催地 オンラインセミナー   参加費 無料

★事前登録者限定で、後日、本イベントのオンデマンド版を配信いたします。当日のご予定がまだ分からないという方も、是非お早めにお申込みください。多くの組織と従業員が…

QlikViewハンズオンセミナー 【アシスト】 締切間近 

開催日 3月31日(金)   開催地 大阪府   参加費 無料

革新的なデータ分析ツールとして高い評価を得てきたQlikViewですが、世界中で、日本国内においてもアシストから多数の導入実績を誇ります。設計、運用、パフォーマ…

Cloud解析 powered by Tableau ハンズオンセミナー 【JBCC】  

開催日 5月15日(月)   開催地 愛知県   参加費 無料

ビジネスにおいて欠かせないものになった、データ解析。「Cloud解析 powered by Tableau」を利用して、レポート作成における膨大な時間や工数を削…

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

Pentaho in Action トレーニング」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「Pentaho in Action トレーニング」の記事の続きがお読みいただけます。


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50041590


IT・IT製品TOP > データ分析 > BI > BIのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ