IT・IT製品TOP > データ分析 > BI > BIのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2011/12/28

Pentahoオープントレーニング


KSKソリューションズ


Pentahoオープントレーニングのセミナー概要 Pentahoオープントレーニングの申込み



開催日時

2012年2月7日(火)〜2012年2月8日(水) 10:00〜18:00|申込み締切 2012年2月3日(金)
会  場 Katana Officeセミナールーム
東京都港区東新橋2-10-10東新橋ビル2F
JR新橋駅(烏森口出口)地下鉄浅草線・銀座線徒歩約8分

参加費

有料 5万2500円(1日)8万4000円(2日)/税込
定 員

10名
こんな方にオススメ

システムの設計・運用 |情報システム部の統括|営業・販売

会員限定で「Pentahoオープントレーニング」の続きが読めます

Pentahoオープントレーニング」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「Pentahoオープントレーニング」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「BI」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「BI」関連情報をランダムに表示しています。

「BI」関連の製品

3系統で進化を見せるBIツール、気になる主要ベンダーの動きは? 【ジャストシステム】 Webレポーティングソリューション 「CROWNIX Report & ERS」 【日本エムツーソフト】 集計・分析プラットフォーム 「Dr.Sum」 【ウイングアーク1st】
BI BI BI
3系統で進化を見せるBIツール、気になる主要ベンダーの動きは? 業務帳票、管理帳票から半定型分析レポートまでカバーする出力ツール。DB環境は問わず、様々なデータソースと連携できBIツールのような検索・抽出も可能。出力形式も多様。 企業システムに蓄積されたデータを部門間や全社規模で集計分析。
Excelやブラウザを用いて、自由な集計分析を実現する多次元高速集計検索エンジン。

「BI」関連の特集


ストリーム・コンピューティングやSaaS、大量データを高速分析できるOSSなど、BIツールに関連する…



 前回は「スマートフォンの普及」と「ビッグデータの分類から見たスマートフォンから発生しているデータ」…



連携やシステムとの組み合わせがカギになる!一見何気ないデータも宝になりうる、セルフサービスBI。その…


「BI」関連のセミナー

Qlik Sense ツアー 2018 的確な情報を素早く入手しましょう 【アグニコンサルティング/クリックテック・ジャパン】 締切間近 

開催日 6月22日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

旧いビジネスインテリジェンスを導入されて頭を悩まされていた方向けに、ユーザー自らデータを探索して気付きを得る『セルフ・サービス』型ソリューション『Qlik Se…

特長も操作もハッキリ分かる!中堅中小企業向けBI紹介セミナー 【エヌジェーケー】  

開催日 6月5日(火),6月19日(火),7月3日(火),7月17日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

DataNature Smartは…現場担当者や経営者それぞれのニーズに応じたアドホックなデータ活用から定型的な分析・集計までを、ボタンをクリックするだけの簡単…

BIツール TableauDesktopハンズオンセミナー 【ソフィア総合研究所】  

開催日 7月27日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――社内のデータを有効活用したい方、データ分析に掛かっている工数を削減したい方必見! ――…

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

Pentahoオープントレーニング」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「Pentahoオープントレーニング」の記事の続きがお読みいただけます。



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50041589


IT・IT製品TOP > データ分析 > BI > BIのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ