UNIXユーザーのためのシステム移行セミナー

IT・IT製品TOP > サーバー > UNIX > UNIXのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2011/12/14

UNIXユーザーのためのシステム移行セミナー


富士通


UNIXユーザーのためのシステム移行セミナーのセミナー概要 UNIXユーザーのためのシステム移行セミナーのプログラム UNIXユーザーのためのシステム移行セミナーの申込み



開催日時

2012年1月27日(金) 14:00〜17:00|申込み締切 2012年1月26日(木)
会  場 富士通トラステッド・クラウド・スクエア
東京都港区浜松町2-4-1 世界貿易センタービル 30階
・JR山手線・京浜東北線/東京モノレール「浜松町駅」より2階コンコースで直結
・都営地下鉄浅草線・大江戸線「大門駅」より地下1階で直結(B3出口)

地図はこちら
参加費

無料
定 員

30名
こんな方にオススメ

情報システム部の統括 |システムの設計・運用

会員限定で「UNIXユーザーのためのシステム移行セミナー」の続きが読めます

UNIXユーザーのためのシステム移行セミナー」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「UNIXユーザーのためのシステム移行セミナー」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

付加価値の高いサービス基盤を効率よく整備する際に必要なこと 【東日本電信電話】 Office 365を業務現場に手間なくスムーズに定着させる方法 【マイクロメイツ】 MajorFlow Time 【パナソニック ネットソリューションズ】
タブレット 運用系業務アウトソーシング 勤怠管理システム
高齢者を含む一般消費者向け事業の成否は、いかに付加価値の高いサービスを提供できるかにかかっている。そのサービス基盤を効率よく整備する際に必要なことを考えていく。 Office 365を業務現場にスムーズに定着させる方法――IT部門の手は煩わせない ワークフロー「MajorFlowシリーズ」の勤怠管理システム。Webで勤務報告や各種申請が実現。タイムレコーダ連携や他システムとの連携、スマートフォンからの入力も実現。

新着特集


導入した社内SNSに本領を発揮してもらい、社内で有効利用させるためには、どのような工夫が必要なのでし…



2016年第3四半期(7月〜9月)は、前年同期比18.8%増のプラス成長となった。微減ながらもトップ…



GEが目指す「現場のデジタル化」は、現場が分からない経営者を撲滅する? 実現が望まれながら、机上の空…


新着セミナー

データから迅速なビジネス判断を実現「Domo」ハンズオンセミナー 【富士通】  

開催日 2月9日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

・ビジネス管理プラットフォーム「Domo」は、社内外のすべてのデータを1か所に集約し、お客様にとって最適な形にパーソナライズしたダッシュボードやデータを共有しな…

デュプロセキュリティセミナー 【デュプロ販売】  

開催日 2月16日(木)   開催地 愛知県   参加費 無料

第1部(14:30〜15:20) 年末度に増加するセキュリティの事故。その対策には多層防御が必須です。「セキュリティ対策のベストプラン」 ■近年の標的型攻撃の動…

「初めてのBRMS」 ハンズオンセミナー(無償) 【SCSK】 締切間近 

開催日 1月20日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

プログラム 1.そもそもBRMSとは?2.JBoss BRMSとは?3.ハンズオン4.『Red Hat JBoss Middleware』製品のご紹介

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

UNIXユーザーのためのシステム移行セミナー」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「UNIXユーザーのためのシステム移行セミナー」の記事の続きがお読みいただけます。


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50041441


IT・IT製品TOP > サーバー > UNIX > UNIXのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ