急増する標的型サイバー攻撃への対策セミナー

IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > メールセキュリティ > メールセキュリティのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 中国・四国 > 広島県 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2011/12/02

急増する標的型サイバー攻撃への対策セミナー


日商エレクトロニクス


急増する標的型サイバー攻撃への対策セミナーのセミナー概要 急増する標的型サイバー攻撃への対策セミナーの申込み



開催日時

2012年1月19日(木) 15:00〜16:40|申込み締切 2012年1月18日(水)
会  場 日商エレクトロニクス株式会社 中国支店 セミナールーム
広島県広島市中区鉄砲町5-16 サンケイビル8F

地図はこちら
参加費

無料
定 員

20名
こんな方にオススメ

情報システム部の統括 |経営者CIO|システムの設計・運用

会員限定で「急増する標的型サイバー攻撃への対策セミナー」の続きが読めます

急増する標的型サイバー攻撃への対策セミナー」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「急増する標的型サイバー攻撃への対策セミナー」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「メールセキュリティ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「メールセキュリティ」関連情報をランダムに表示しています。

「メールセキュリティ」関連の製品

Email Security Gateway(旧 Spam Firewall PLUS) 【バラクーダネットワークスジャパン】 ActSecureクラウドメールセキュリティサービス 【NEC】 メールセキュリティソリューション Proofpoint 【双日システムズ】
メールセキュリティ メールセキュリティ メールセキュリティ
迷惑メール・アンチスパム対策、ウイルス防御、メールによるDoS防止、暗号化、ファイル転送などの機能を組み合わせた統合型セキュリティソリューション。 標的型メール攻撃対策やメール誤送信対策、事後調査や監査対応などに有効なメールアーカイブ機能などのセキュリティ対策をクラウド(SaaS型)で提供。最短7日で導入可能。 クラウド型サンドボックスによりメールを介した未知の標的型サイバー攻撃を検知し、悪意ある添付ファイルやURLをブロックする「Targeted Attack Protection」などを提供。

「メールセキュリティ」関連の特集


 独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は、2012年10月30日に「標的型攻撃メールの傾向と事例分…



 前回までは、スパムメールの脅威と有効な対策についてみてきた。第3回の今回は、システムの耐障害性と拡…



大多数の企業で使われるメールだからこそ、誤送信による情報漏洩事故も後を絶ちません。たった1回のうっか…


「メールセキュリティ」関連のセミナー

標的型攻撃対策ソリューションセミナー 【NRIセキュアテクノロジーズ】  

開催日 4月13日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

情報漏洩防止のみならず、昨今猛威をふるうランサムウェア対策という観点からも、標的型攻撃への対策はますますその重要度が増しています。本セミナーでは最近の標的型攻撃…

Office 365ではじめるメールセキュリティ徹底解説(東京開催) 【主催:インターネットイニシアティブ/共催:日本マイクロソフト】  

開催日 4月19日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

働き方改革、運用負荷やコストの削減、セキュリティ強化の手段 として、メールのクラウド化を検討されてみませんか?本セミナーでは、 様々な企業に採用されている Of…

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

急増する標的型サイバー攻撃への対策セミナー」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「急増する標的型サイバー攻撃への対策セミナー」の記事の続きがお読みいただけます。


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50041303


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > メールセキュリティ > メールセキュリティのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ