新製品!ナレッジ共有型次世代BIツール発表セミナー

IT・IT製品TOP > データ分析 > BI > BIのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2011/11/25

新製品!ナレッジ共有型次世代BIツール発表セミナー


ユニチカ情報システム


新製品!ナレッジ共有型次世代BIツール発表セミナーのセミナー概要 新製品!ナレッジ共有型次世代BIツール発表セミナーのプログラム 新製品!ナレッジ共有型次世代BIツール発表セミナーの申込み



開催日時

2011年12月8日(木) 13:30〜15:45|申込み締切 2011年12月8日(木)
会  場 大手町サンケイプラザ
東京都千代田区大手町1-7-2
各線大手町駅A4・E1出口直結

地図はこちら
参加費

無料
定 員

50名
こんな方にオススメ

経営者CIO |情報システム部の統括|営業・販売

会員限定で「新製品!ナレッジ共有型次世代BIツール発表セミナー」の続きが読めます

新製品!ナレッジ共有型次世代BIツール発表セミナー」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「新製品!ナレッジ共有型次世代BIツール発表セミナー」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「BI」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「BI」関連情報をランダムに表示しています。

「BI」関連の製品

オールインワンBIツール Actionista! 【ジャストシステム】 誰でも簡単にデータ分析できるBIツール「Actionista!」 【ジャストシステム】 汎用データ解析/統計解析ソフトウェア「S-PLUS」 【NTTデータ数理システム】
BI BI BI
“かんたん、きれい、分かりやすい”
「誰でも分析」を実現するオールインワンBIツール。誰でも簡単に本格的な分析が行え、分析結果を組織内で自由に共有することが可能。
劇的に”脱Excel”を実現! 秘訣は「表現力とスピード感」――鳥居薬品事例 世界で20年以上の実績と信頼性を誇るデータ解析ソフトウェア。高度なデータ解析と手軽で豊富なグラフィック機能を兼ね備えている。

「BI」関連の特集


連携やシステムとの組み合わせがカギになる!一見何気ないデータも宝になりうる、セルフサービスBI。その…



注目を浴びるセルフサービスBI、専業ベンダーの2製品とMS、Google製品の特徴をそれぞれ紹介! …



景気や先行きの不透明感を背景に、注目を集めて久しいBI。BIをより効果的に利用する考え方や活用方法と…


「BI」関連のセミナー

ヤンマー、リコーが解説 データ分析実践セミナー 【クリックテック・ジャパン】 注目 

開催日 8月31日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

データ分析で成功している多くの企業では、データ分析や意思決定をするための製品・ソリューションを現場主導で導入していると言われています。一方で、「導入したものの成…

第75回事例研究フォーラム 【アイエルアイ総合研究所】  

開催日 9月8日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

Excelをプラットフォームとしたデータベースシステム構築ユーザ事例の紹介セミナーです。Excelと『StiLL』とDBを使って実際に開発されたシステムの事例発…

BIツール・BOARD体験セミナー 【日本ラッド】 締切間近 

開催日 8月3日(木),8月10日(木),8月17日(木),8月24日(木),8月31日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

初めてBIツールを検討される方へ求めているBIツールが見つからない方へ既存のBIツールにご満足されていない方へBIツール・BOARDを使って、もっと自由に!もっ…

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

新製品!ナレッジ共有型次世代BIツール発表セミナー」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「新製品!ナレッジ共有型次世代BIツール発表セミナー」の記事の続きがお読みいただけます。



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50041191


IT・IT製品TOP > データ分析 > BI > BIのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ