新製品!ナレッジ共有型次世代BIツール発表セミナー

IT・IT製品TOP > データ分析 > BI > BIのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2011/11/25

新製品!ナレッジ共有型次世代BIツール発表セミナー


ユニチカ情報システム


新製品!ナレッジ共有型次世代BIツール発表セミナーのセミナー概要 新製品!ナレッジ共有型次世代BIツール発表セミナーのプログラム 新製品!ナレッジ共有型次世代BIツール発表セミナーの申込み



開催日時

2011年12月8日(木) 13:30〜15:45|申込み締切 2011年12月8日(木)
会  場 大手町サンケイプラザ
東京都千代田区大手町1-7-2
各線大手町駅A4・E1出口直結

地図はこちら
参加費

無料
定 員

50名
こんな方にオススメ

経営者CIO |情報システム部の統括|営業・販売

会員限定で「新製品!ナレッジ共有型次世代BIツール発表セミナー」の続きが読めます

新製品!ナレッジ共有型次世代BIツール発表セミナー」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「新製品!ナレッジ共有型次世代BIツール発表セミナー」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「BI」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「BI」関連情報をランダムに表示しています。

「BI」関連の製品

誰でも簡単にデータ分析できるBIツール「Actionista!」 【ジャストシステム】 オールインワンBIツール Actionista! 【ジャストシステム】 オープンソースBI「Pentaho」 【KSKアナリティクス】
BI BI BI
定着の難しいBIツール、どのように導入すれば全社・全店舗で活用できるのか? “かんたん、きれい、わかりやすい”
「誰でも分析」を実現するオールインワンBIツール。誰でも簡単に本格的な分析が行え、分析結果を組織内で自由に共有することができる。
大規模エンタープライズクラスはもちろん、小規模導入にも対応したオープンソースBI/BAツール。サブスクリプションモデルの料金体系により、低コストでの導入/運用が可能。

「BI」関連の特集


ミック経済研究所の調べによると、2007年度の出荷金額は8%増と、堅調な伸びが見込まれているデータマ…



 心の「機微」を読み取るという意味で名付けられたKIBITは、少ない教師データで人間の「あやしい」と…



富士キメラ総研の調べによると2012年にかけて約5〜14%の市場成長率が見込まれているBIツールのシ…


「BI」関連のセミナー

マイクロストラテジー・シンポジウム名古屋 【マイクロストラテジー・ジャパン】  

開催日 1月30日(火)   開催地 愛知県   参加費 無料

概要ご好評をいただいております、マイクロストラテジーシンポジウムを、2018年1月30日(火)に名古屋で開催いたします。 最新リリースの機能強化である「ドシエ」…

使いやすさを実感!LaKeel BI製品体験 無料セミナー 【レジェンド・アプリケーションズ】  

開催日 1月17日(水),1月25日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

LaKeel BIは、シンプルな操作性、豊富なテンプレート、徹底したサポートによって、「誰でも、簡単に使いこなすことができる」セルフサービスBIです。本セミナー…

BIツール・BOARD体験セミナー 【日本ラッド】  

開催日 1月18日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

初めてBIツールを検討される方へ求めているBIツールが見つからない方へ既存のBIツールにご満足されていない方へBIツール・BOARDを使って、もっと自由に!もっ…

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

新製品!ナレッジ共有型次世代BIツール発表セミナー」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「新製品!ナレッジ共有型次世代BIツール発表セミナー」の記事の続きがお読みいただけます。



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50041191


IT・IT製品TOP > データ分析 > BI > BIのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ