グローバル&グループ経営ソリューションセミナー

IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 会計システム > 会計システムのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 中部・北陸 > 愛知県 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2011/11/23

グローバル&グループ経営ソリューションセミナー


電通国際情報サービス


グローバル&グループ経営ソリューションセミナーのセミナー概要 グローバル&グループ経営ソリューションセミナーの申込み



開催日時

2011年12月13日(火) 14:30〜17:15|申込み締切 2011年12月12日(月)
会  場 電通国際情報サービス 中部支社(栄)
愛知県名古屋市中区栄4-2-29 名古屋広小路プレイス
地下鉄 東山線/名城線 栄駅 12番出口より徒歩3分
(JR/名鉄名古屋駅からは、地下鉄東山線をご利用下さい)

地図はこちら
参加費

無料
定 員

なし
こんな方にオススメ

経営者CIO |全社スタッフ|情報システム部の統括


セミナー概要

中国における統合マネジメントの実現に向けて


  グローバル&グループ経営ソリューションセミナー
   〜中国における統合マネジメントの実現に向けて〜
【開催概要】※詳細な情報は弊社HPにてご案内いたします。

1.『中国における統合マネジメント実現に向けて』
  〜中国現地法人の日本親会社連結に関する現状、問題点及び対策〜
        公認会計士   可児 俊二郎 様
 現状多くの日系企業は既に中国現地法人を設立されていますし、
 今後進出を検討されている企業も多いかと存じます。
 中国における企業マネジメントにおいては会計面も重要な要素ですが、
 制度の違いにより様々な課題が存在するのも事実です。
 全ての現地法人は中国の制度会計にて12月末を決算期として財務諸表を作成し、
 会計事務所による法定年度監査を受け、
 確定申告により法人税を納付しなければなりません。
 2008年4月以降、日本では在外子会社の連結に当たっては、日本基準、米国会計基準、
 又は国際会計基準(IFRS)に基づく財務諸表の作成が必要となりました。
 また、現地法人の重要性が高まるにつれ、日本親会社監査法人からの
 在外子会社監査に対する要求も増しております。
 将来のIFRS導入やタイムリーなグループ意思決定のために決算期の統一を検討されている企業も
 年々増加しているのではないでしょうか。
 本講演では、中国現地法人の日本親会社連結に関して、
 中国基準からIFRSへの組替・決算期統一・現地法定監査の観点から現状、
 問題点及び対策について解説します。

2. 『グループ経営における海外拠点管理の留意点』
 株式会社電通国際情報サービス ビジネスソリューション事業部  コンサルタント

3. 『連結決算システムSTRAVISソリューションのご紹介』
  株式会社電通国際情報サービス ビジネスソリューション事業部 コンサルタント
 

 ※講演内容・プログラムは都合により一部変更させていただくことがございます。あらかじめご了承下さい。
 ※定員の場合、また同業との判断をさせていただいた場合はお断りさせていただく場合がございます。あらかじめご了承下さい。


詳しくはこちらをご覧下さい。

このページの先頭へ


申込み


このセミナーはすでに終了しています。



掲載企業


株式会社電通国際情報サービス
住 所 : 東京都港区港南2-17-1 
TEL : 03-6713-7100


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50041176


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 会計システム > 会計システムのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ