キヤノンソフトウェア「クラウド開発基盤」お披露目セミナー

IT・IT製品TOP > 開発 > 開発ツール > 開発ツールのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2011/10/20

キヤノンソフトウェア「クラウド開発基盤」お披露目セミナー


キヤノンソフトウェア


キヤノンソフトウェア「クラウド開発基盤」お披露目セミナー のセミナー概要 キヤノンソフトウェア「クラウド開発基盤」お披露目セミナー のプログラム キヤノンソフトウェア「クラウド開発基盤」お披露目セミナー の申込み



開催日時

2011年12月6日(火) 14:30〜17:00|申込み締切 2011年12月5日(月)
会  場 ハイアット リージェンシー東京
東京都新宿区西新宿2-7-2
・新宿駅西口より徒歩約9分
・地下鉄大江戸線都庁前駅A7出口C4通路より徒歩1分(6:00〜23:00)
・地下鉄丸ノ内線西新宿駅より徒歩約4分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

100名
こんな方にオススメ

情報システム部の統括 |経営者CIO|システムの設計・運用

会員限定で「キヤノンソフトウェア「クラウド開発基盤」お披露目セミナー 」の続きが読めます

キヤノンソフトウェア「クラウド開発基盤」お披露目セミナー 」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「キヤノンソフトウェア「クラウド開発基盤」お披露目セミナー 」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「開発ツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「開発ツール」関連情報をランダムに表示しています。

「開発ツール」関連の製品

Web Performer 【キヤノンITソリューションズ】 カスタムメイド型業務アプリ作成ツール AppSuite(アップスイート) 【ネオジャパン】 多機能・高精細ビューイングエンジン PrizmDoc 【ラネクシー】
開発ツール 開発ツール 開発ツール
ノンプログラミングでJavaのWeb アプリを自動生成する、マルチブラウザ対応超高速開発ツール。コーディングの自動化とそれによる品質の均一化により開発期間短縮可能 紙、メール、Excel主体で行われている非効率な社内業務を簡単にシステム化できる業務アプリ作成ツール。各種書類のWeb化により業務効率アップを実現。 PrizmDoc は開発ツールです。Webアプリケーション上に構築するビューイングエンジンです。低コストで効率的に多機能・高精細ビューイングソフトを作成可能。

「開発ツール」関連の特集


一見すると同じように見える「超高速開発ツール」ですが、開発するアプリケーションの種類によっても選択肢…



「超高速開発ツール」の名のもとに、様々な開発支援ツールがアプリケーション開発の現場で利用されています…



今回ピックアップするのはリッチクライアント。現在多くの企業で、Webブラウザを通してアプリケーション…


「開発ツール」関連のセミナー

【SER-4】Ranorexハンズオンセミナー 【テクマトリックス】  

開催日 7月11日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

サンプルWebアプリケーションのテストを中心に、Ranorexによる機能テストの方法をハンズオン形式で学びます。セミナーを通して、Ranorexの基本機能と操作…

nexacroまるわかりセミナー 【日本ネクサウェブ】 締切間近 

開催日 6月7日(木),6月28日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

本セミナーは、nexacro platformの最大の特長でもある、「ワンソースによるマルチブラウザ、マルチデバイス対応」を実現するフレームワークの仕組みや、実…

「開発」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

キヤノンソフトウェア「クラウド開発基盤」お披露目セミナー 」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「キヤノンソフトウェア「クラウド開発基盤」お披露目セミナー 」の記事の続きがお読みいただけます。



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50040581


IT・IT製品TOP > 開発 > 開発ツール > 開発ツールのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ