IT・IT製品TOP > データ分析 > ビッグデータ > ビッグデータのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2011/10/01

SAS Solution Day 2011 金融フォーラム


SAS Institute Japan


SAS Solution Day 2011 金融フォーラムのセミナー概要 SAS Solution Day 2011 金融フォーラムの申込み



開催日時

2011年10月18日(火)|申込み締切 2011年10月17日(月)
会  場 ホテルニューオータニ
東京都千代田区紀尾井町4-1

参加費

無料
定 員

なし
こんな方にオススメ

情報システム部の統括

会員限定で「SAS Solution Day 2011 金融フォーラム」の続きが読めます

SAS Solution Day 2011 金融フォーラム」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「SAS Solution Day 2011 金融フォーラム」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「ビッグデータ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ビッグデータ」関連情報をランダムに表示しています。

「ビッグデータ」関連の製品

GDPRを学ぶ3つのユースケースと、マシンデータから得られる知見の活用法 【Splunk Services Japan】 ビッグデータ分析に適した機械学習の手法とは? 【SAS Institute Japan】 AI、IoT活用を見据えたクラウド基盤の3つの条件 デジタル変革の実現方法とは? 【NTTコミュニケーションズ+他】
ビッグデータ ビッグデータ ビッグデータ
GDPRを学ぶ3つのユースケースと、マシンデータから得られる知見の活用法 ビッグデータ分析に適した機械学習の手法とは? AI、IoT活用を見据えたクラウド基盤の3つの条件 デジタル変革の実現方法とは?

「ビッグデータ」関連の特集


本田技研工業では、約10年前から対応カーナビでユーザの走行データを収集しビッグデータ分析を行っている…



 前回、ビッグデータ活用における分析上の課題として「データサイエンティスト」という職種について、「デ…



純国産の大規模データ処理基盤「Jubatus」を紹介。HadoopやMapReduceとの違いはなに…


「ビッグデータ」関連のセミナー

事例と最新動向から考える GPUで切り拓く 未来とビジネス 【NTTコミュニケーションズ/エヌ・ティ・ティピー・シーコミュニケーションズ】 締切間近 

開催日 2月27日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

3Dグラフィックスを高速に描画するデバイスとして発明されたGPUは、いまや汎用的なアクセラレータに発展し、AI、HPC、VR、自動運転などさまざまなビジネスで広…

【名古屋開催!】ビッグデータの活用、BI・BAツール2製品を比較 【主催:東芝電子エンジニアリング/協力:オープンソース活用研究所】  

開催日 3月5日(月)   開催地 愛知県   参加費 無料

【高まるデータ活用の重要性】ビジネスにとって、ITの重要性は益々高まっています。そしてその中心となるのは「データ」です。データを企業の資産と位置付け、どうやって…

DBSC早春セミナー 【データベース・セキュリティ・コンソーシアム】 締切間近 

開催日 2月28日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

あらゆる機器や物がインターネットとつながり、ビッグデータをAI解析し、利活用するデータ主導社会。 近い将来のその実現にあたり重要な点の1つが、言わずと知れたセキ…

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

SAS Solution Day 2011 金融フォーラム」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「SAS Solution Day 2011 金融フォーラム」の記事の続きがお読みいただけます。



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50040263


IT・IT製品TOP > データ分析 > ビッグデータ > ビッグデータのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ