IT・IT製品TOP > データ分析 > BI > BIのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2011/10/08

Pentahoオープントレーニング


KSKソリューションズ


Pentahoオープントレーニングのセミナー概要 Pentahoオープントレーニングの申込み



開催日時

2011年10月18日(火)〜2011年10月19日(水) 10:00〜18:00|申込み締切 2011年10月14日(金)
会  場 Katana Officeセミナールーム
東京都港区東新橋2-10-10東新橋ビル2F
JR新橋駅(烏森口出口)地下鉄浅草線・銀座線徒歩約8分

参加費

有料 5万2500円(1日)8万4000円(2日)/税込
定 員

10名
こんな方にオススメ

システムの設計・運用 |情報システム部の統括|営業・販売

会員限定で「Pentahoオープントレーニング」の続きが読めます

Pentahoオープントレーニング」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「Pentahoオープントレーニング」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「BI」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「BI」関連情報をランダムに表示しています。

「BI」関連の製品

Dr.Sum EA 【ウイングアーク1st】 オールインワン・セルフBIツール「LaKeel BI」 【レジェンド・アプリケーションズ 】 オープンソースBI「Pentaho」 【KSKアナリティクス】
BI BI BI
企業システムに蓄積されたデータを部門間や全社規模で集計分析。
Excelやブラウザを用いて、自由な集計分析を実現する多次元高速集計検索エンジン。
豊富なテンプレート・徹底したサポートにより、「使いこなせる」BIツール。
分析が初めての方に必要な機能を1つにまとめたオールインワンパッケージ。
大規模エンタープライズクラスはもちろん、小規模導入にも対応したオープンソースBI/BAツール。サブスクリプションモデルの料金体系により、低コストでの導入/運用が可能。

「BI」関連の特集


錦織圭選手の試合データの分析結果は?福原愛選手の打球の軌跡は?業務部門がメインユーザーであるセルフサ…



ストリーム・コンピューティングやSaaS、大量データを高速分析できるOSSなど、BIツールに関連する…



産学官で推進するジャパン・クラウド・コンソーシアムにM2M・ビッグデータWGが設立。M2M(Mach…


「BI」関連のセミナー

BIツールを活用!「DragonFly BI」使い方 無料セミナー 【グレープシティ】  

開催日 3月17日(金)   開催地 埼玉県   参加費 無料

セルフサービスBIツール「DragonFly BI(ドラゴンフライ ビーアイ)」はシンプルな操作と機能で、Excel感覚で利用できます。 本セミナーでは実際に、…

ERP導入企業100社に調査!データ活用を成功に導く3つのポイント 【レジェンド・アプリケーションズ】  

開催日 3月9日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

企業が競争優位を築く上で『データ』を重要な経営資源として位置づけ、迅速な意思決定に活かそうという機運が高まっております。データ活用のためにBIが導入される中『成…

Cloud解析 powered by Tableau ハンズオンセミナー 【JBCC】  

開催日 3月17日(金)   開催地 大阪府   参加費 無料

ビジネスにおいて欠かせないものになった、データ解析。「Cloud解析 powered by Tableau」を利用して、レポート作成における膨大な時間や工数を削…

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

Pentahoオープントレーニング」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「Pentahoオープントレーニング」の記事の続きがお読みいただけます。


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50040225


IT・IT製品TOP > データ分析 > BI > BIのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ