ほぼひとり情シスにとってのIT基盤とは

IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > ファイル共有 > ファイル共有のITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 近畿 > 大阪府 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2011/09/22

ほぼひとり情シスにとってのIT基盤とは


ソニービジネスソリューション


ほぼひとり情シスにとってのIT基盤とはのセミナー概要 ほぼひとり情シスにとってのIT基盤とはのプログラム ほぼひとり情シスにとってのIT基盤とはの申込み



開催日時

2011年10月25日(火) 15:00〜17:30|申込み締切 2011年10月25日(火)
会  場 ハービスPLAZA 5階 8、9号室
大阪府大阪市北区梅田2-5-25 ハービスPLAZA 5F
JR「大阪駅」より 徒歩約2分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

40名
こんな方にオススメ

情報システム部の統括 |システムの設計・運用|ネットワークの設計・運用
参加者プレゼント
来場者全員にbit-drive特製ボールペンをプレゼント!

会員限定で「ほぼひとり情シスにとってのIT基盤とは」の続きが読めます

ほぼひとり情シスにとってのIT基盤とは」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「ほぼひとり情シスにとってのIT基盤とは」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「ファイル共有」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ファイル共有」関連情報をランダムに表示しています。

「ファイル共有」関連の製品

ペーパーレス会議システム「SONOBA COMET」 【CIJ】 企業間・部門間情報共有プラットフォーム PROCENTER/C 【NEC】 タブレット活用ファイル共有クラウド SYNCNEL for Enterprise 【ソフトバンク コマース&サービス】
ファイル共有 ファイル共有 ファイル共有
参加者のいずれか1台のタブレット端末(iPad)を“発表者”として、資料を共有できるペーパーレス会議システム。 複数サーバに散在する文書やファイルを統合管理できる文書・コンテンツ管理システム。大容量ファイルの高速転送、授受管理が可能で、社外・海外企業との情報共有も効率化。 企業活動で求められる要件である「セキュリティ」「管理・監視」に重点を置いて開発された、ドキュメント・動画・画像などの情報共有を行うためのクラウドサービス。

「ファイル共有」関連の特集


1ファイル500MB超え!大容量データの共有・管理に“悩み”を抱えていた企業がクラウド活用で効率化!…



企業にとってコラボレーションツールを利用したビジネスプロセスの最適化は不可欠ですが、企業ごとに事業内…



コラボレーションツールは企業やチームの結び付きを強め、時間や場所を問わないリアルタイムのコミュニケー…


「ファイル共有」関連のセミナー

ビジネスチャット チャットラック 体験セミナー 【ネオジャパン】 注目 

開催日 4月11日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

1人1台のパソコン環境で操作性や機能をご体験いただきながら、ビジネスチャットシステム「ChatLuck(チャットラック)」をご紹介するセミナーです。セミナーの中…

ビジネスチャット チャットラック 体験セミナー 【主催:ネオジャパン/共催日立システムズ】 注目 

開催日 4月18日(火)   開催地 愛知県   参加費 無料

1人1台のパソコン環境で操作性や機能をご体験いただきながら、ビジネスチャットシステム「ChatLuck(チャットラック)」をご紹介するセミナーです。セミナーの中…

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

ほぼひとり情シスにとってのIT基盤とは」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「ほぼひとり情シスにとってのIT基盤とは」の記事の続きがお読みいただけます。


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50040131


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > ファイル共有 > ファイル共有のITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ