IT・IT製品TOP > 運用管理 > IT資産管理 > IT資産管理のITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 九州・沖縄 > 福岡県 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2011/09/21

今後求められる、IT資産管理の新基準


エムオーテックス/日本マイクロソフト/エヌ・アール・アイ・セキュアテクノロジーズ


今後求められる、IT資産管理の新基準のセミナー概要 今後求められる、IT資産管理の新基準のプログラム 今後求められる、IT資産管理の新基準の申込み



開催日時

2011年10月20日(木) 13:00〜17:30|申込み締切 2011年10月18日(火)
会  場 日本マイクロソフト株式会社 九州支店 (福岡)
福岡県福岡市博多区上川端町 12-20 ふくぎん博多ビル 10F
福岡市営地下鉄 中洲川端駅 5 番出口直結
JR 博多駅から車で 5 分
福岡空港より車で 20 分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

40名
こんな方にオススメ

経営者CIO |情報システム部の統括|ネットワークの設計・運用


セミナー概要

〜クラウド活用によって実現する次世代IT管理とは〜


経済不況の中、多くの企業はIT投資を削減し、既存のIT環境の活用と見直しを迫られています。景況の回復に備えたIT資産管理の基盤整備は重要な課題として、多くの企業様で取り組まれております。

しかし現状として“増え続けるIT資産を、手動で管理し、管理工数に限界を感じている”また“正確な管理を行うことができていない”“ツール導入済みでも、実際にはどのような管理を行い、運用をしていけばよいのか分からない”という方も多いのではないでしょうか?ポイントは「IT資産の見える化」です。

本セミナーでは、Windows AzureやOffice 365といったマイクロソフトのクラウドサービスと、そのプラットフォーム上で動作する資産管理ツール「LanScopeクラウドキャット」をご覧いただきます。
他にも、ファイルにラベリングし社内の重要情報を仕分けすることが可能な情報資産管理ソフト「SecureCube/Labeling」とIT資産管理ツール「LanScope Cat6」の連携による管理や最新機能についてもご紹介します。


詳しくはこちらをご覧下さい。

このページの先頭へ


プログラム

2011/10/20
12:30〜13:00

受付

2011/10/20
13:00〜13:50

マイクロソフトのクラウド戦略について

事業継続計画(BCP)が注目される昨今、クラウドの重要性が高まり本格的に導入が始まっています。本セッションでは、マイクロソフトが提唱するクラウドコンピューティング戦略に加え、Windows AzureやOffice 365など最新のクラウド製品をご紹介します。
講師 日本マイクロソフト
2011/10/20
13:50〜14:10

クラウド利用によるIT資産管理体制の構築

近年、ライセンス管理の重要性の見直しにともない、多くの企業様はIT資産管理の基盤作りを進められています。 ただし資産管理システムの導入には初期導入、メンテナンスなど多大な工数とコストが必要でした。
これらの問題はクラウド型のシステムによって解決することができます。7年連続トップシェア(※)のIT資産管理ツール「LanScope Cat6」の機能、ノウハウをクラウドシステムとして提供する「LanScopeクラウドキャット」を紹介します。

※出典元:富士キメラ総研 2011年調べ
講師 エムオーテックス
2011/10/20
14:10〜14:25

休憩

2011/10/20
14:25〜15:15

重要な情報資産に対し、日ごろから何をなすべきか。〜「管理」と「監視」の両面から考える〜

顧客情報や貴重な営業秘密、事業継続費に必要なバイタルレコードの保護は、正しくできていますでしょうか。特に従業員の転職時などにおける機密情報の持ち出しなどによる事件も数多く発生しています。
本セッションでは、BCPからの観点も交え、当社の「SecureCube / Labeling」と「LanScope Cat6」による、情報資産を守るための効果的な管理ソリューションをご説明します。
講師 NRIセキュアテクノロジーズ
2011/10/20
15:15〜16:05

これからの時代に求められる社内情報の管理体制とは

増え続ける情報漏洩事件、不正ライセンス使用などの問題を一元管理したいという、管理者様は非常に多いと思います。 本セミナーでは、導入実績5700社、7年連続市場シェアNo.1の「LanScope Cat6」の導入効果と実際の運用方法をご紹介します。
また、なぜ「LanScope Cat6」が選ばれるのか。ツール導入時に見逃せない選定ポイントやより買いやすくなった新商品体系をご紹介します。
講師 エムオーテックス

このページの先頭へ


申込み


このセミナーはすでに終了しています。



掲載企業


エムオーテックス株式会社
住 所 : 東京都港区港南2丁目16番4号 品川グランドセントラルタワー5階
TEL : 03-5460-0775
FAX : 03-5460-0776
e-mail : seminar@motex.co.jp
URL : http://www.motex.co.jp/


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50040082


IT・IT製品TOP > 運用管理 > IT資産管理 > IT資産管理のITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ