●個別受注設計生産のための営業・設計・生産の業務改革セミナー

IT・IT製品TOP > 情報システム > CRM > CRMのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 中部・北陸 > 愛知県 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2011/09/09

●個別受注設計生産のための営業・設計・生産の業務改革セミナー


主催:構造計画研究所/共催:シムトップス


●個別受注設計生産のための営業・設計・生産の業務改革セミナーのセミナー概要 ●個別受注設計生産のための営業・設計・生産の業務改革セミナーのプログラム ●個別受注設計生産のための営業・設計・生産の業務改革セミナーの申込み



開催日時

2011年9月20日(火)|申込み締切 2011年9月20日(火)
会  場 ウインクあいち12F(1207)
愛知県名古屋市中村区名駅4-4-38
名古屋駅より徒歩約2分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

50名
こんな方にオススメ

製造・生産管理 |情報システム部の統括|経営者CIO

会員限定で「●個別受注設計生産のための営業・設計・生産の業務改革セミナー」の続きが読めます

●個別受注設計生産のための営業・設計・生産の業務改革セミナー」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「●個別受注設計生産のための営業・設計・生産の業務改革セミナー」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「CRM」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「CRM」関連情報をランダムに表示しています。

「CRM」関連の製品

データ活用時代に生き残るための、新たなデータ分析基盤戦略とは 【システムサポート+他】 日本マイクロソフトはパートナーとどう「協業」するつもりか 【日本マイクロソフト】 顧客対応で差をつける営業現場のカイゼンとは 【日本マイクロソフト】
CRM CRM CRM
データ分析に注目していても、その基盤を整えるためのコストや手間が障壁となっている企業は多い。しかし手の届くDWHがあれば、データ活用時代に競争力を増せるはずだ。 日本マイクロソフトはパートナーとどう「協業」するつもりか 顧客対応で差をつける営業現場のカイゼンとは

「CRM」関連の特集


担当者任せ…社内の情報共有不足で顧客を困らせていた過去。顧客満足度を上げるため目指した姿は「ピザ屋の…



日本においてビジネスに欠かせない「名刺」。長らく名刺は受け取った社員個々で管理するのが一般的だった。…



ECMツールはERPと同様に全社規模で導入すべきツール。そのため製品の選定にあたってはさまざまな課題…


「CRM」関連のセミナー

BtoC企業様向けMA活用セミナー 【ブレインパッド】  

開催日 5月24日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

株式会社ブレインパッドは、2017年5月24日(水)に「BtoC企業様向けMA活用セミナー〜コストも運用もスモールスタートで実現するOne to One コミュ…

中小企業のビジネス課題解決 3つのポイント 【ゾーホージャパン】 締切間近 

開催日 5月23日(火),5月30日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

「売上向上のために新規に販路拡大が必要」「優秀な営業人材を確保できない」「営業経験や人脈が経営者にしかない」など、経済規模が縮小し続ける今日、日本の中小企業が直…

リードナーチャリングは自社に合わせて設計を 【インターパーク】 締切間近 

開催日 5月26日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

B2Bマーケティングの発展が著しい昨今。各社ノウハウやテクノロジーを駆使したその運用効果に期待を寄せています。合わせてリードナーチャリングへの取り組みを始める企…

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

●個別受注設計生産のための営業・設計・生産の業務改革セミナー」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「●個別受注設計生産のための営業・設計・生産の業務改革セミナー」の記事の続きがお読みいただけます。


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50039957


IT・IT製品TOP > 情報システム > CRM > CRMのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ