損失回避と収益向上の2つの視点から資産運用の手立てを考察する

IT・IT製品TOP > 基幹系システム > その他基幹系システム関連 > その他基幹系システム関連のITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2011/09/09

損失回避と収益向上の2つの視点から資産運用の手立てを考察する


サイベース


損失回避と収益向上の2つの視点から資産運用の手立てを考察するのセミナー概要 損失回避と収益向上の2つの視点から資産運用の手立てを考察するの申込み



開催日時

2011年9月28日(水) 13:00〜18:00|申込み締切 2011年9月27日(火)
会  場 ベルサール八重洲
東京都中央区八重洲1-3-7八重洲ファースト フィナンシャルビル2F・3F

地図はこちら
参加費

無料
定 員

50名
こんな方にオススメ

経営者CIO |その他|情報システム部の統括

会員限定で「損失回避と収益向上の2つの視点から資産運用の手立てを考察する」の続きが読めます

損失回避と収益向上の2つの視点から資産運用の手立てを考察する」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「損失回避と収益向上の2つの視点から資産運用の手立てを考察する」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「その他基幹系システム関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他基幹系システム関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他基幹系システム関連」関連の製品

AsReaderApps 【アスタリスク】 財務統合管理システム 「Fusion」 【Profit Cube】 HULFT運用管理の最適化・自動化ツール「HULFT-HUB」 【セゾン情報システムズ】
その他基幹系システム関連 その他基幹系システム関連 その他基幹系システム関連
iPhone/ iPod touchにインストールして使用するクラウド型業務アプリケーションサービス。バーコードだけでなく、RFID対応のアプリケーションもある。 借入/貸付金、有価証券や社債などの財務データをグループ企業全体で一元管理。必要に応じてモジュールの段階的な導入も可能。会計システムへの仕訳出力機能も標準で実装。 複数の拠点で利用されるHULFTのデータ連携網を「見える化」し、その正確な管理と運用の最適化を実現する。1:1のファイル転送だけでなく、n:nの連携を可能にする。

「その他基幹系システム関連」関連の特集


柔軟にシステム間の連携を変更・追加できる「システム統合基盤」とは何か、“簡単アニメ”でサクッと解説し…



対前年比9.1%増。今後はUHF帯RFIDシステムが普及の鍵を握ると見られる「RFIDリーダ・ライタ…



注目を集めるRFID(ICタグ)。JRの「Suica」や「ICOCA」は、このRFIDを使った乗車券…


「その他基幹系システム関連」関連のセミナー

塩漬けシステム再生!今取り組むべき、ITモダナイゼーション 【システムズ】 注目 

開催日 2月22日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

マイグレーションプロバイダのシステムズでは、マイグレーションのリーディングプロバイダとして、レガシー化した既存システムをモダナイズ(近代化)するための、システム…

Salesforce等「基幹クラウド」からの帳票出力をラクにする! 【日本オプロ/コクヨ】  

開催日 3月8日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

近年、クラウドの活用は基幹系の業務システムにまで広がりを見せています。しかし、この際に課題となるのが帳票類の出力です。債権管理、受発注、製造、物流と、あらゆる業…

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

損失回避と収益向上の2つの視点から資産運用の手立てを考察する」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「損失回避と収益向上の2つの視点から資産運用の手立てを考察する」の記事の続きがお読みいただけます。


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50039953


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > その他基幹系システム関連 > その他基幹系システム関連のITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ