CA ARCserve D2D 無償ハンズオントレーニング

IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2011/09/09

CA ARCserve D2D 無償ハンズオントレーニング


日本CA


CA ARCserve D2D 無償ハンズオントレーニングのセミナー概要 CA ARCserve D2D 無償ハンズオントレーニングのプログラム CA ARCserve D2D 無償ハンズオントレーニングの申込み



開催日時

2011年9月15日(木) 10:00〜12:30|申込み締切 2011年9月15日(木)
会  場 CA Technologiesミーティングルーム
東京都新宿区西新宿2-1-1 新宿三井ビル
JR「新宿駅」西口より徒歩5分
京王線・小田急線・西武新宿線/地下鉄(丸の内線・都営新宿線)「新宿駅」より徒歩5分
営団丸の内線「西新宿駅」より徒歩3分
都営大江戸線「都庁前駅」より徒歩1分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

16名
こんな方にオススメ

システムの設計・運用 |情報システム部の統括

会員限定で「CA ARCserve D2D 無償ハンズオントレーニング」の続きが読めます

CA ARCserve D2D 無償ハンズオントレーニング」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「CA ARCserve D2D 無償ハンズオントレーニング」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「バックアップツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップツール」関連情報をランダムに表示しています。

「バックアップツール」関連の製品

Commvault 統合データ保護/管理ソフトウェア 【Commvault Systems Japan】 統合データ保護ソリューション 「Veritas NetBackup」 【ベリタステクノロジーズ】 オールフラッシュ時代の「業務を止めない」バックアップ&リストアとは 【日本ヒューレット・パッカード】
バックアップツール バックアップツール バックアップツール
オンプレミス/クラウド環境で、物理/仮想サーバだけでなくノートPCのデータ保護も行え、バックアップ/アーカイブ/レプリケーション/スナップショットの統合管理ができる。 データの保存場所がオンプレミスかクラウドかに関係なく、コストとリスクを抑えながら必要なサービスレベルを実現するための統合データ保護環境を提供。 業務のスピードアップを目的としたフラッシュストレージ導入が盛んだが、システムリカバリーの視点が欠落しがちだ。事業リスクを最小化する戦略的選択を考える。

「バックアップツール」関連の特集


クラウドが当たり前になると、システムのバックアップは煩雑になりがち。どうすれば運用を楽に、効率的にで…



仮想化したのは良いけれど、バックアップの方法がわからない?もっと効率的にバックアップしたい?今のツー…



 世界のデータ量は恐るべき勢いで増加の一途をたどっています。データ量が「5年で10倍」に増加する傾向…


「バックアップツール」関連のセミナー

ActiveImage Protector for Hyper-V Enterprise実践セミナー 【ネットジャパン】  

開催日 11月8日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

Hyper-V仮想環境に最適なバックアップソフト、ActiveImage Protetor Hyper-V Enterpriseは、Microsoft社の仮想化…

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

CA ARCserve D2D 無償ハンズオントレーニング」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「CA ARCserve D2D 無償ハンズオントレーニング」の記事の続きがお読みいただけます。



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50039928


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ