VPNサービスによるリモートバックアップソリューションセミナー

IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 近畿 > 大阪府 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2011/08/24

VPNサービスによるリモートバックアップソリューションセミナー


網屋/クオリティソフト


VPNサービスによるリモートバックアップソリューションセミナーのセミナー概要 VPNサービスによるリモートバックアップソリューションセミナーのプログラム VPNサービスによるリモートバックアップソリューションセミナーの申込み



開催日時

2011年9月16日(金) 15:30〜17:30|申込み締切 2011年9月16日(金)
会  場 株式会社網屋 大阪営業所
大阪府大阪市中央区北浜1-1-27
●京阪電鉄 本線北浜駅 26番出口より 徒歩1分
●京阪電鉄 中之島線なにわ橋駅 4番出口より 徒歩5分
●地下鉄堺筋線 北浜駅 1番出口より 徒歩1分
●地下鉄御堂筋線 淀屋橋駅 6番出口より 徒歩6分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

10名
こんな方にオススメ

システムの設計・運用 |ネットワークの設計・運用|情報システム部の統括

会員限定で「VPNサービスによるリモートバックアップソリューションセミナー」の続きが読めます

VPNサービスによるリモートバックアップソリューションセミナー」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「VPNサービスによるリモートバックアップソリューションセミナー」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「バックアップツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップツール」関連情報をランダムに表示しています。

「バックアップツール」関連の製品

仮想/物理環境対応バックアップツール ActiveImage Protector 【ネットジャパン】 イメージバックアップ/リカバリー ActiveImage Protector 2016 -RE 【ラネクシー】 クラウド導入後の「ベンダーロックイン」を回避、バックアップ活用のススメ 【CommVault Systems Japan】
バックアップツール バックアップツール バックアップツール
稼働中のサーバを確実・高速にバックアップ。ネットジャパン自社開発製品。Windows/Linux対応。バックアップ時にインラインで重複排除圧縮したイメージファイルを作成。 稼働中のマシンでも高速・確実にディスク丸ごとバックアップできる。状況に応じて、簡単にディスク全体やファイルをリカバリーでき、さらに仮想化も3ステップで実装可能。 ベンダーロックインを回避 データやワークロードの移植の問題点を解消

「バックアップツール」関連の特集


なぜバックアップが必要なのか。その理由は何かトラブルが発生したとしても業務を継続できることだ。ここに…



必要なパフォーマンスを得るための要件とは!?ムダなデータをためこまない”重複排除機能”の効果を具体的…



 バラクーダネットワークスでは、メールセキュリティとストレージ・バックアップ製品のラインアップが数種…


「バックアップツール」関連のセミナー

ActiveImage Protector for Hyper-V Enterprise実践セミナー 【ネットジャパン】  

開催日 1月24日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

Hyper-V仮想環境に最適なバックアップソフト、ActiveImage Protetor Hyper-V Enterpriseは、Microsoft社の仮想化…

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

VPNサービスによるリモートバックアップソリューションセミナー」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「VPNサービスによるリモートバックアップソリューションセミナー」の記事の続きがお読みいただけます。



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50039673


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ